【阪神】掛布雅之のなぜの引退理由が一軍監督になれない!借金問題など

こんにちは、yoshiloverです。

ミスタータイガースと言えば、掛布だと思いますが、一軍の監督にもなれず、引退も早く短い野球人生でしたよね。

本塁打王3回、打点王1回、ベストナインも7回もとっています。

バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発は印象的ですよね。

掛布のプロフィールは?

出身地 千葉県千葉市中央区
(新潟県三条市生まれ)
生年月日 1955年5月9日
身長
体重 175 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手
プロ入り 1973年 ドラフト6位
初出場 1974年4月7日
最終出場 1988年10月10日

掛布が引退した理由

Wikipediaより引用。

 86年4月20日、対中日戦の斉藤学投手から手首に死球を受けて骨折、連続出場が663試合で途切ます。

 5月中旬に復帰するが、11日後には甲子園球場の巨人戦で三塁守備の際にバウンドが変化した打球に当たって右肩を負傷し、1ヶ月近く欠場します。

 さらに8月26日には骨折で三たび戦列を離脱し、復帰できたのはシーズン終了間際でした。

  翌87年には開幕前の3月22日に飲酒運転で現行犯逮捕された。マスコミからの非難のみならず、久万俊二郎オーナーにも「大ばか野郎」「欠陥商品」と酷評されてしいます。

 このショックを抱えたまま迎えたシーズンは腰痛で成績が低迷し、チームの調子と歩を合わせることになった。約1ヶ月登録を抹消され、6月にはプロ入り以来初めての2軍落ちも経験した。88年も故障続きでかつての打棒は甦らず、9月14日に現役引退を表明。

また、投手の投げたボールが頭部に当たり、その後打席に入っても腰が引けてました。やっぱり頭部への死球は恐怖感が抜けないのでしょうね。

掛布が自己破産

どうやら掛布雅之が実質オーナーを務める『ほっとこーなー』お好み焼き店

設立当時はバブル景気も重なり、経営は順調だったが、居酒屋などの飲食店やスポーツ用品の販売をしてたんだそうですが、すべてのビジネスが

業績は急速に悪化。20年6月には多額の負債により本社兼自宅(大阪府・東豊中)の不動産が差し押さえられ、21年9月には、債務保証をしたコンサルタント会社から訴えられ全面敗訴しているようです。

2010年には大阪府豊中市にある自宅も競売にかけられて負債総額はなんと4億円だそうです。

監督になれない理由

  • 久万俊二郎オーナーにも「大ばか野郎」「欠陥商品」と酷評されていて、自分が生きている間には監督にさせないといわれたこと。
  • 副業に失敗して、借金まみれになっているというのは、OBの間でも有名な話だった。
  • 掛布はそれでいて何事も自分が中心でないと気に入らない。性格が複雑なんです。個人事業主ならそれでいいけど、会社の経営者は一匹狼では無理。現役時代も、チーム内では派閥を作らなかった代わりに、味方も極端に少なかった

まとめ

 

私生活が乱れまくりで指導者として疑問があるからでしょう。現役時代の功績だけで監督になれるなら、江夏や清原だってなれるはずですからね。

ただ、掛布というところが意外な一面ですよね。