【元巨人】村田透の現在は?戦力外から日本ハムで活躍中!

現在日本ハムに在籍している村田透が元々巨人に在籍していたのはご存知ですか?2018年の交流戦で巨人戦の投手をしていたのは記憶に新しいです。

プロフィール

名前 村田透(むらたとおる)
出身地 大阪府泉南郡熊取町
生年月日 1985年5月20日(33歳)
身長 183㎝
体重 80 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目
経歴 大体大浪商→大体大→読売ジャイアンツ (2008 – 2010) →クリーブランド・インディアンス (2015)→北海道日本ハムファイターズ (2017 – )

ドラフト時

社会人ドラフトの外れ外れ1位で読売ジャイアンツに指名されます。本命は球界一の天然キャラで有名な大場翔太。この頃は高校生と大学社会人のドラフトはそれぞれ分かれており、高校生のドラフト1位は昨年引退した藤村大介さんでした。中井大介も同期ですね。

巨人時代

背番号は36で「半分の18(エースナンバー)を目指せ」という原辰徳の期待が込められておりましたが、3年間在籍中一軍の登板はゼロ。二軍生活のまますごし、戦力外に。

インディアンス時代

トライアウトでの活躍がクリーブランド・インディアンスのスカウトの目に止まりマイナー契約を結びました。2011年~2014年まで目立った活躍はありませんでしたが、2015年にAAAで最多勝をとりますが、2016年に自由契約に。

日本ハム時代

2017年から契約し、6月11日の古巣・巨人戦でNPB一軍初勝利を果たした。10年目の快挙に漫画の主人公みたいと言われていました。

性格など

向上心

渡米当初は言葉や習慣が異なる上に通訳もいない。マイナーの過酷な移動など、初めて経験することばかりだった。その一方で、オフにはパナマやベネズエラのウインター・リーグに参加するなど、向上心が途絶えることはなかったそうです。

巨人をクビになってよかった?

村田はNPB復帰後こう語っています。

僕が日本で活躍できなかったのは、どこかで自分への甘さがあったからだと思うんです。ジャイアンツでの3年間があったから、今の自分があると思っていますし、クビになったことで自分の甘さが分かって精神的に強くなれた。野球選手として1回死んで、気づけたことも多かった。今年は、本当に結果を残さないといけない年だと思っています。野球選手として、僕はまだ大した仕事もしていないので、やりきった感じがない。一番上のリーグ、メジャーに上がって活躍しないとやりきった気持ちにはならないと思います。結果を残していけば、チャンスはやってくると思う。僕に次はないんで、野球人生の勝負の年という気持ちで、結果を残したい。

奥さんは?

1985年生まれの現在33歳。彼女や奥さんがいるという情報はありませんでした。

まとめ

向上心は一流だと思うので、また活躍が見たいですね。