【元巨人】公文克彦の現在は?日ハムトレード後に活躍!!奥さんは?

公文克彦をご存知ですか?太田泰示とともに2016年オフに日ハムへトレードで放出した選手です。巨人にとっては、逃がした魚は大きかったと一部でいわれています。

公文克彦のプロフィールは?

安芸と言えば阪神タイガースのキャンプ地ですね。初めてもらったプロ野球選手のサインは藤川球児だそうです。

名前 公文克彦(くもんかつひこ)
出身地 高知県安芸郡 
生年月日 1992年3月4日(26歳)
身長 173㎝
体重 78 kg
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト4位
経歴 高知高等学校→大阪ガス

高知高校時代

甲子園に2年連続出場。

大阪ガス時代

高校卒業後に入団し3年間在籍していました。3年目の2012年はに第83回都市対抗野球大会にパナソニックの補強選手として出場。2番手で登板し無失点に抑える好救援を見せ、チームも2-1で勝利しました。部内で問題があり一時試合に出場できなくなりますがドラフト4位で指名されます。

巨人時代

2013年

開幕2軍スタートとなり、一軍には3登板で終わる。以降2014年、2015年と二軍生活。

2016年

12試合に救援として出場するも、目立った活躍は無し。吉川光夫・石川慎吾との交換トレードにより大田泰示とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍。

日本ハム時代

2017年

自己最多となる41試合に登板し、3勝0敗・防御率2.70の成績を残しました。 中継ぎとして試合数をこなし、駒不足のチームを何度も救ったと言われています。本人も「ジャイアンツと違ってプレッシャーという面に関しては凄くやりやすい環境だった」と語っています。

2018年現在

移籍2年目で日ハムに欠かせないリリーフとなっているようです。

移籍初年度の17年は、自己最多の41試合に登板。3勝0敗3ホールド、防御率2.70と結果を残した。2年目の今季は、前年を上回るペースで奮投。ここまでチーム3位の29試合に登板し、2勝0敗6ホールド、防御率は圧巻の1.21であります。

日本ハムの中継ぎ左腕、公文克彦投手が好調だ。今季23試合に登板して、防御率は1.16と抜群の成績を誇る。

性格など

奥さんは看護師さん!

大阪ガス時代に入院した時にお世話になった看護師さんと結婚しています。https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/16/kiji/K20131116007019880.html

賭博?

検索ワードに「賭博」と出てきますが、本人ではなく大阪ガス時代の同僚が起こした事件だそうです。

 大阪府警東署は10日、高校野球の勝利チームを予想する賭けをしたとして、賭博の疑いで、社会人野球の強豪である大阪ガス(大阪市)硬式野球部の19~26歳の部員18人を書類送検や家裁に書類送致した。

まとめ

村田ヘッドコーチの件が拡散されていますが、やはり巨人はプレッシャーが強いのでしょうか。リリーフ陣が手薄になっている巨人なので活躍が見たかったなという想いがあります。