【元巨人】ボウカーの現在は福島で日本愛!成績や年俸は?

こんにちは、yoshiloverです。

本人は至って真面目な性格であり変わった行動をとったわけでもないのに、何故かネタキャラとなり、ファンから色んな意味で愛されている存在だったボウカーですが、現在は何をしているのでしょうか。

ボウカーのプロフィールは?

基本情報
国籍 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サクラメント
生年月日 1983年7月8日
身長 188 cm
体重  86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手、一塁手
プロ入り 2004年 ドラフト3巡目 (全体100位) でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 MLB / 2008年4月12日
NPB / 2012年3月30日

ボウカーの経歴は?

経歴
ロングビーチ州立大学
サンフランシスコ・ジャイアンツ (2008 – 2010)
ピッツバーグ・パイレーツ (2010 – 2011)
フィラデルフィア・フィリーズ (2011)
読売ジャイアンツ (2012 – 2013)
カンペチェ・パイレーツ (2014)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2014)
福島ホープス (2016 – )

巨人での活躍は?

2012年

背番号は36

オープン戦の結果から2番の定位置をつかみ、同年5月8日に来日初本塁打を放ったが、不振が続き6月以降は一軍と二軍を行き来する結果となりました。

クライマックスシリーズ出場メンバー入りする。クライマックスシリーズでも10打数5安打を放ち、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは2本塁打7打点の成績で巨人の日本一に貢献しました。

不本意な成績に終わった巨人での一年目終了後、「ファンを裏切ったままでは帰れない」として前年比50%ダウンの年俸3000万円で契約を更新しました。

2013年

2年連続で開幕一軍入り。4月途中までで6本塁打21打点の活躍をみせチームの開幕ダッシュに貢献したが、前半戦で右手小指骨折で翌日登録抹消された。

その後、年8月17日の中日戦で「4番左翼」としてスタメン出場し、ジャイアンツの第78代4番打者となりましたが、中盤以降はやや調子を落とし、代打や途中出場が多くなりました。

結果として、自由契約となったのです。

ルートインBCリーグの福島ホープス

2016年からプレーし、主力として1年目は11本塁打を放って打率3割2分2厘。

2017年も23本塁打、打率3割8分4厘と大暴れし、チームを3年連続プレーオフ進出に導いています。

福島でプレーする理由は?

なんと福島でプレーする理由は、「福島に入った理由は、ここでアピールしてNPBに戻りたいからさ」だそうです。

BCリーグの選手の月給は10-40万円。支給されるのは3月中ごろから9月中旬の6カ月のみ。外国人選手も同様で、ボウカーの今季年収は200万円前後とみられる。

貯金はある

それでもNPBで活躍するため、頑張っているそうですね。

「お金は巨人、楽天時代に稼いだのを貯金してあるから大丈夫」というが、日本での年俸は12年が6000万円、13年が3000万円、14年が1500万円。NPB球団の助っ人としては高い方ではないですよね。

まとめ

毎年様々な国から外国人選手が来日しチームの為にプレーをしていますが、気が付いた時にはいなくなっています。それでも、日本を愛し、日本でプレイすることを望むボウカー!そんな親日のボウカーをこれからも応援したいですね。