【巨人】高井俊は野茂トルネード投法!東北高校出身!球種・球速は!

こんにちは、yoshiloverです。

元近鉄バッファローズで、ドジャースに渡ったMLBのパイオニアでもある野茂英雄さんと同じトルネード投法をの高井を知っていますか?

高井俊のプロフィールは?

出身地 新潟県見附市
生年月日 1995年8月22日(22歳)
身長 180 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2016年 育成選手ドラフト1位
年俸 240万円(2018年)[1]

経歴
東北高等学校
悠久山栄養調理専門学校
新潟アルビレックスBC (2015 – 2016)
読売ジャイアンツ (2017 – )

東北高校時代

「将来はプロ」を夢見て、ダルビッシュ有(レンジャーズ)らを輩出した宮城の名門、東北高校に進んだが、高校最後の夏は4回戦で敗退。複数の大学から誘いを受けたが、選んだのは「新潟に戻って調理師になる」道だった。

だが、野球への思いを忘れられずに独立リーグのBCリーグで再出発したそうです。

そして、巨人育成ドラフト1位の高井俊投手に指名されました。

なぜトルネード投法

2014年11月、ベースボール・チャレンジ・リーグのトライアウトを受験し、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブより指名を受けます。

そして、高校時代から下半身の弱さを指摘されていたこともあり、新潟に入団後は徹底的に下半身の強化に取り組んだそうです。

さらに最大の武器であるストレートの威力を増すため、トルネード投法にモデルチェンジ

新潟の監督には相談せず、ただただ野茂英雄を意識して、勝手にフォームを変えたので、「オマエ、なんだそのフォームは?」と驚かれたそうです。最初の頃はフラフラしたり、コントロールが全然定まらなかったのですが、コントロールも安定していったようです。

動画でトルネード投法

球種球速は?

150キロ台のストレートを軸に、カウントが取れるカーブ。さらにはフォークもコントロールできます。

まとめ

赤堀元之監督は、高井のもう一つの強みは「闘争心」だと指摘しています。

「ストイックで負けず嫌いの性格は、あきらかにプロ向き」とのこと。

いいですね。人と違うトルネードでプロを目指し、一軍のマウンドを狙ってほしいですね。