【巨人】原辰徳の現役時代の成績は?吉村がいれば

こんにちは、ヨシラバーです。

原辰徳は監督としての実績は説明せずとも、歴代でも名将と言われるほどの活躍をしています。ただ、現役時代のの成績はどうだったのでしょうか。

80年代~90年代半ばの巨人であり、プロ野球を代表する選手でした。

原辰徳のプロフィールは?

出身地 神奈川県相模原市(現在の相模原市南区)
生年月日 1958年7月22日
身長 181 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手、外野手、一塁手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1995年10月8日

原辰徳の経歴は?

選手歴
東海大学付属相模高等学校[3]
東海大学
読売ジャイアンツ (1981 – 1995)
監督・コーチ歴
読売ジャイアンツ (1999 – 2003, 2006 – 2015)

原辰徳の現役時代は?

1981年

開幕戦に6番・二塁手で先発出場します。三塁手のレギュラーであった中畑清の故障により、アマチュア時代からのポジションである三塁に収まります。空いた二塁には篠塚利夫が入り、中畑は一塁で復帰し、内野のレギュラー陣が固まったのです。

シーズン後半には疲労から成績を落としてしまったが、最終的には打率.268、22本塁打、67打点の成績を収め、新人王を獲得した。

1982年

本塁打数を33に伸ばし、最多勝利打点を獲得。本塁打は2本差、打点は3打点差で、共に掛布雅之に次いで2位であった。

1983年

初めて打率3割を記録。打点王、最多勝利打点を獲得して巨人の優勝に貢献し、MVPに選ばれました。

1986年

前年を上回るペースで本塁打を記録していたが、津田恒実の直球をファウルした際に左手首の有鉤骨を骨折、残り試合の欠場を余儀なくされた。この骨折は「事実上、バッター原辰徳は、この骨折の時に終わりました」と後に自らが発言する程の影響があった。

1987年、1988年

2年連続で3割30本塁打を記録。特に1988年は本拠地が東京ドームになってチーム本塁打が激減する中、最後までホームラン王争いに加わった。

1989年

左翼手にコンバートされる。同年、新人時代から9年連続20本塁打以上のプロ野球新記録を達成しました。

1990年

開幕戦で脇腹を痛め戦線離脱し、一時は任意引退公示されたが、最終的には打率3割を達成し、チームの2年連続リーグ優勝に貢献した。レギュラーシーズン127試合目となるナゴヤ球場での中日戦において3本塁打を放ち、10年連続20本塁打を達成。

1991年

入団以来11年連続20本塁打の日本記録更新と年間犠牲フライのリーグ新記録を達成し、2年連続ベストナインに選出される。

1992年

一塁手にコンバート。当初三塁への復帰も検討されていたが、その背景には、不安定な左翼守備とその影響で打撃成績が下降したこと、またすでにファンの間で「原=三塁」のイメージが定着しており、外野手転向によってそれが損なわれていたことなどの理由があった。

1993年

三塁手に復帰。5月2日には4番出場が通算1000試合に到達した。しかし、複数個所の故障に悩まされ打撃不振に陥り、プロ入り以来初の規定打席未達に終わりました。

1995年に現役を引退しました。

原辰徳の通算成績は?  

・1981年      率.268   本22   点67

・1982年      率.275   本33   点92

・1983年      率.302   本32   点103

・1984年      率.278   本27   点81

・1985年      率.283   本34   点94

・1986年      率.283   本36   点80

・1987年      率.307   本34   点95

・1988年      率.300   本31   点81

・1989年      率.261   本25   点74

・1990年      率.303   本20   点68

・1991年      率.268   本29   点86

・1992年      率.272   本28   点77

・1993年      率.229   本11   点44

・1994年      率.290   本14   点36

・1995年      率.201   本6    点15

*通算成績  安打数1675  本382  点1093

*タイトル  打点王:1回 (1983年)

圧縮バットの禁止

原選手というのは天性のHRバッター(パワーでは無く飛距離のでる打球の角度で打てる)でしたが、彼の入団した年に圧縮バットが禁止されたため、時代と共に彼のようなタイプの打者は中距離打者へと変わっていくはずでした。ですが「巨人の四番」という肩書を与えられたために、彼はHR王を狙わないといけない立場だったので、大変な立場だったとは思います。

まとめ

原辰徳は実働15年ですから、現役時代がとても短かったです。また甘い顔のマスクのせいで当時の山本浩二や掛布、落合などと比較しても、圧力感がなく、成績はそれほどのこしていないとおもってしまうところがあったと思います。

ただ、このように通算成績をみていると大変立派なものであり、巨人を代表する4番バッターであったのは間違いありません

また、勝利打点王を2回、打点王を1回とっていることからも、チャンスに弱いってのはマスゴミにそういう印象植え付けられてただけでありますね。

よくいわれるのですが、吉村が怪我をしなければ原辰徳はもっと活躍ができたのではないのでしょうか。

原辰徳のトッピックです。

【巨人】原辰徳の現役時代の成績は?吉村がいれば

こんにちは、ヨシラバーです。 原辰徳は監督としての実績は説明せずとも、歴代でも名将と言われるほどの活躍をしています。ただ、現役時代のの成績...

【巨人】原辰徳と仁志敏久の不仲説を検証!なぜ確執と話があったのか?

こんちは、ヨシラバーです。 吉川尚輝の活躍で仁志敏久以来のセカンド定着そして背番号8を継承するのではないかと話題になっています。8と言えば...

【巨人】原辰徳の息子原嘉宏氏とは?慶応大学!飲食店MAMIROを経営!

こんにちは、管理人のよしです。 原辰徳の甥っ子である菅野は巨人の立派なエースとなりましたが、子供は何をしているのでしょうか。原一族の血を引...

【巨人】原辰徳と仁志敏久の不仲説を検証!なぜ確執と話があったのか?

こんちは、ヨシラバーです。 吉川尚輝の活躍で仁志敏久以来のセカンド定着そして背番号8を継承するのではないかと話題になっています。8と言えば...

【巨人】原辰徳の現在は?将来はどうなるのだろうか!現場復帰?それともGM

こんにちは、管理人のよしです。 退任後来年1年間はフラットな状態で過ごしたい話していた原辰徳ですが、最近では解説者として目につくことが多く...

原辰徳が憧れた男は長嶋茂雄!ミスタープロ野球と比較され続ける野球人生!

こんにちは、管理人のよしです。 原辰徳氏と長嶋茂雄氏とはとても複雑な関係ですよね。 原辰徳は少年時代に長嶋茂雄に憧れて野球を始めたのにも...