【巨人】重信慎之介の現在は?成績から経歴まで紹介!

こんにちは、ヨシラバーです。今回は2016年に入団した重信慎之介さんに関してです。

重信慎之介のプロフィール

おおお、エリート!1993年生まれで芸能人はジャスティンビーバー、山本彩、神木隆之介、武井咲など豪華すぎると話題になったほどの当たり年です。千葉県佐倉市と言えば長嶋茂雄終身名誉監督と同郷ですね。

本名

重信慎之介(しげのぶしんのすけ)

出身千葉県佐倉市
生年月日1993年4月17日
投球・打席右投左打
身長173 cm
体重70 kg
高校早稲田実業学校
大学早稲田大学
守備位置外野手
入団ドラフト2位

経歴

早稲田大学時代は「青木宣親二世」「スピードスター」と呼ばれていたそうです。

早稲田大学時代

早稲田大学では首位打者1回、ベストナインは2回選抜されています。

1年春からリーグ戦に出場しています。東京六大学リーグ通算83試合で打率.333、240打数80安打39盗塁を記録。

ジャイアンツ時代

2016年

開幕一軍で迎えますが、1年目は25試合に出場し打率.190、2打点、5盗塁でした。

2017年

一軍74試合に出場しますが、代走起用にとどまります。

性格・特徴など

そんな重信選手ですが、何故かファンから厳しい声が上がっています。

巨人OB、首脳陣の心を強奪?

一軍で派手な活躍がないにも関わらずOBや首脳陣からの期待が高いと話題になっています。確かに早稲田実業・早稲田大学と言えば王貞治さんや老川オーナーの出身校として有名ですね。長嶋監督が「一軍で一番いい選手」とコメントされるほど。同郷だから他の人と比較していっそ気になる存在なのかもしれません。

鈴木尚広「第二の鈴木」

あの鈴木尚広さんが「第2の鈴木とかではないが、重信に期待している。巨人に現状、足りないのは走力。彼みたいな選手が出ればチームも機能する」と絶賛するほど。

ベース踏み忘れ事件

2017年8月6日の中日戦で、一塁ベースに戻る際に二塁ベースを踏み忘れてしまう事件が達成。温厚な高橋由伸監督も「ルールの問題だから(重信には)しっかりしてもらわないと。野球選手としての問題だから」とご立腹。運の悪いことに9回5-4の接戦でサヨナラになるかならないかの時だったので巨人ファンの記憶にしっかり残ってしまいました。

年俸が上がっている

2016年は1200万円でスタートした年俸が、1400万円→2400万円と上がり続けています。ただ大卒という事と、一軍でもそこそこ活躍しているという印象があるので妥当ではないかと思います。

英語がペラペラ

重信さんは英語が得意なことでも有名。ドラフト指名前は就職も視野に入れていました。自分が海外で働く自分の姿をイメージし、野球に打ち込む傍ら、大学時代は英語の勉強に力を入れ、英会話が出来るまでに語学力を高めていったそうです。早稲田大学でもスポーツ推薦が多い人間科学部、スポーツ科学部ではなく小島よしおと同じ教育学部出身です。

仲良しの野球選手は?

重信選手に関してはあまりプライベートの情報が出てきません。同じ歳の選手は石川慎吾、宇佐見真吾、増田大輝、田中俊太、若林晃弘、廖任磊、山本泰寛、桜井俊貴、中川皓太、今村信貴ですが。

まとめ

2018年は1軍での活躍に期待しています。