広島田中広輔・巨人田中俊太は兄弟!兄は巨人入りを拒否していた!

こんにちは、ヨシラバーです。

田中俊太活躍していますね。兄は広島で有名な2017年セ・リーグベストナインの広島・田中広輔内野手です。兄はJR東日本、弟は日立製作所という違いはあるにせよ、東海大相模高校、東海大学から社会人野球を経てプロ入りを目指す道のりは一緒です。プロでの活躍も兄に続くことができるかきになるところですよね。

田中俊太のプロフィールは?

出身地 神奈川県厚木市
生年月日 1993年8月18日
身長178 cm
体重 80 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
初出場 2018年3月30日

経歴
東海大学附属相模高等学校
東海大学
日立製作所
読売ジャイアンツ (2018 – )

東海大相模高、東海大という経歴も同じで、4歳離れた兄の背中を追って野球に励んできた。50メートルを6秒0で走る俊足に、堅実な守備、広角に打てる打撃も評価が高い。

田中俊太と田中広輔の関係は?

ともに神奈川の相模ボーイズ小学部、同中学部のOBです。父・正行さんも高校時代は東海大相模の遊撃手という野球一家で、しつけには厳しかった。チーム関係者が敬意を込めて「田中家のおきて」と今も語り継ぐ家族のルールというものがあるそうです。

田中家のおきてとは?

▼道具を大切に

生活の一部ですからね。これを大切にと子供のころから教えられていたのは非常によいことですね。

「明日が試合ならグラブは磨いて枕元に置き、バットは抱いて寝なさいと。それぐらいの気持ちで取り組んでほしかった」

田中広輔は弟の巨人入団に

田中兄は下記のようにコメントを残しています。

「一緒に1軍の舞台でプレーしたい。なかなか兄弟で活躍している(現役)選手はこの世界にいない。僕ら2人でプロ野球界を盛り上げていきたい」

田中俊太の将来の夢は?将来は兄弟二遊間

プロに入る前はショートが多いのですが、田中俊は高校から二塁ひと筋なのです。兄は3月のWBC日本代表に選ばれ、球界を代表する遊撃手です。

同じチームで二遊間を組んだことはないが、日本代表や球宴に選ばれれば兄弟二遊間も夢ではない。「そういうあこがれは持ってやっていました。最終的にできたらいい」と目を輝かせた。

実は兄の田中広輔も巨人の入団の可能性があったが断った

2013年のドラフト時に巨人から入団の誘いを受けます。

しかし、田中選手は『出場機会』の事を考え拒否します!!

そして広島に3位で指名され、今にいたります。

ショートは不動の坂本がいましたから