【阪神】陽川 尚将の評価は!巨人入団を断った理由は?

こんにちは、ヨシラバーです。

ロサリオが不調に陥り、代役としてあがってきたのは陽川です。

陽川とはいったいどのような選手なのでしょうか。高校時代には巨人も指名しているのですが、断っています。その理由は何なのでしょうか?

陽川 尚将のプロフィール

出身地 大阪府大阪市
生年月日 1991年7月17日
身長 180 cm
体重 89 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手、三塁手、外野手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2016年4月15日
年俸 900万円

金光大阪高校

進学後は、1年夏に背番号15でベンチ登録。2年春から遊撃のレギュラーを確保すると、3年生の春に第81回選抜高等学校野球大会へ出場したでうs。。

 高校通算で36本塁打を放つほどの長打力が評価されて、2009年のNPB育成ドラフト会議では、読売ジャイアンツから3巡目で指名しんたのですが、東京農業大学に進学しました。
高校時代から注目の選手だったのですね。
 

巨人入団拒否の理由は?

せっかくのジャイアンツの指名なのに、断るもんなのですね。陽川選手は大阪育ちで、生粋の阪神ファンらしいのでした。

「もともと育成枠だったら(プロに)行くつもりがなかったので、きっぱり大学進学を選びました」

 

東京農業大学時代

 
大学では、1年生の春から東都大学野球2部のリーグ戦に出場し、主に三塁を守るとともに、リーグ戦通算で109安打、23本塁打、51打点を記録しています。
 

陽川 尚将の評価は?

力強いスイングが持ち味の右打の長距離打者です。

阪神の一軍監督の金本知憲からは、「今後が期待できる若手選手」の1人に挙げられています。

課題は守備で、阪神1年目の2014年には、ウエスタン・リーグ公式戦延べ110試合(三塁71試合・一塁32試合・遊撃7試合)で13失策を記録しています。

2018年の成績は?

浜中2軍打撃コーチは?

 今季2軍戦では43試合に出場して打率2割2分4厘。4本塁打で25打点。

昇格前には浜中2軍打撃コーチが「タイミングは合ってきた。あとは自信を持って振るだけ」と話していました。

勢いそのまま、昇格即スタメンでプロ入り初の4打点と結果を残した。

 

ロサリオの代役でチャンス到来

 6月4日にロサリオの不振によってチャンスが巡ってきた。スタメン起用の期待に一発回答で応えた。今季初昇格した阪神・陽川尚将内野手が1号2ランを含む2安打4打点。勝利には結びつかなかったが存在感を示しています。

まとめ

阪神は新外国人をまたとるとの話があります。ロサリオが2軍が降格している今にチャンスを奪い取るしかないですね。