【巨人背番号5】岡崎郁スカウトの成績は!原辰徳からサードを奪う?

こんにちは、ヨシラバーです。

巨人の岡崎と言えば、駒田と6番バッター7番バッターと並び、恐怖の裏のクリンナップといわれていましたね。気性が荒いイメージではありましたが、堅実なバッティングが魅力的でした。1990年代の藤田監督時代に巨人を支えた選手ですよね。

覚えていらっしゃいますでしょうか。

岡崎郁スカウトのプロフィールは?

出身地 大分県大分市
生年月日 1961年6月7日
身長 178 cm
体重  77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1979年 ドラフト3位
初出場 1982年10月5日
最終出場 1996年5月8日

選手歴
大分県立大分商業高等学校
読売ジャイアンツ (1980 – 1996)

巨人での活躍は?

入団当初は一軍の内野陣に河埜和正、篠塚利夫、中畑清、原辰徳などが揃っていたため、一軍公式戦への出場機会に恵ませんでした。1988年までは、セントラル・リーグ(セ・リーグ)のシーズン最終規定打席に到達できなかったのです。

入団10年目の1989年には、三塁手や一塁手としての守備を練習。オープン戦で首位打者を獲得すると、開幕戦で一塁手としてスタメンに起用された。さらに、原の左翼手へのコンバートに伴い一塁手から三塁手に復帰した中畑の故障を機に、三塁手のレギュラーに定着します。打撃面でも、駒田徳広とのコンビで6番(または7番)打者を任されると、「第2のクリーンナップ」といわれるまでになりました。

1991年から選手会長・主将も務めると、1992年まで三塁のレギュラーの座を維持していた。1993年の一軍公式戦ではチーム58代目の4番打者に起用され、1994年は規定打席不足ながらも主に5番に座り、リーグ優勝と日本シリーズ優勝に貢献したが、1995年以降は、元木大介の成長や仁志敏久の入団などから出場機会が減少。1996年に現役を引退しました。

巨人現役時代の岡崎郁の成績は?

試合打数安打本塁打打点勝打点盗塁打率
11563490906633841523.260

・1979年 (18歳) ドラフト3位 契約金2400万円

・1980年 (19歳)  240万円 一軍出場なし

・1981年 (20歳)  280万円 一軍出場なし

・1982年 (21歳)  288万円 率.000 本0  点0

・1983年 (22歳)  360万円 率.000 本0  点0

・1984年 (23歳)  420万円 一軍出場なし(練習生扱い)

・1985年 (24歳)  380万円 率.268 本4  点19

・1986年 (25歳)  780万円 率.295 本6  点37

・1987年 (26歳) 1320万円 率.249 本0  点14

・1988年 (27歳) 1440万円 率.275 本5  点30

・1989年 (28歳) 2000万円 率.268 本12 点59

・1990年 (29歳) 4560万円 率.289 本6  点49

・1991年 (30歳) 5300万円 率.258 本5  点44

・1992年 (31歳) 5700万円 率.252 本12 点53

・1993年 (32歳) 6300万円 率.212 本3  点19

・1994年 (33歳) 6000万円 率.257 本6  点45

・1995年 (34歳) 7500万円 率.206 本3  点14

・1996年 (35歳) 7500万円 率.091 本1  点1

巨人現役時代の背番号は?

清原などの長距離砲が外国人選手がつけるイメージがいまとなってはありますが、岡財と言えば背番号5でしたね。

  • 45 (1980年 – 1987年)
  • 5 (1988年 – 1996年)