【阪神】宇宙人糸井 嘉男の筋肉!ベジータ並みの努力でトリプルスリーを目指す!

こんにちは、yoshiloverです。

阪神の糸井は、恵まれた肉体を持ち、37才となる今年も劣化をしらず、日々進化する選手と言えるだろう。どこまで成長するのだろうか?

糸井 嘉男のプロフィールは?

出身地 京都府の旗京都府与謝郡与謝野町
生年月日 1981年7月31日(36歳)
身長188cm
体重 98 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 自由獲得枠

京都府立宮津高等学校
近畿大学
北海道日本ハムファイターズ (2004 – 2012)
オリックス・バファローズ (2013 – 2016)
阪神タイガース (2017 – )

糸井 嘉男の筋肉は?

糸井は、2018年「キャリアハイを出したい。自分を追い込んでやっていきたい」と話しております。その結果として、フィットネスクラブ「ReXeR」(レクサー)で自主トレを公開。フィジーク(ボディービル)の日本チャンピオン・石井良亮氏(29)とタッグを組み「MAXいいです!」と仕上がりを表現しています。

やはり、自身初となる打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーにも挑戦するようです。

 ダルビッシュ有には「理想の体型」と羨ましがられていたり、チームメイトが口をそろえて「スゴイ体の持ち主」として名前を挙げるなど、野球選手としては申し分ない肉体を持っている。

また、野菜や果物などもバランス良く食べ、サプリメント類も正しく摂取しているのだろうが、だからといって肉食傾向が弱まったわけではないのだろう。肉“も”大量に食べていないと、あの肉食のオーラはまとえないはずです。

ロサリオでなく、阪神の4番へ

 糸井は、現在阪神で打率、本塁打、打点はすべてチームトップだ。盗塁数も9盗塁の植田に次ぐ8盗塁をマーク。27日の巨人戦(甲子園)で今季初めて4番に座っています。

まとめ

30代に阪神に来て、キャリアハイを残した金本監督のように阪神で華を咲かす可能性はあるでしょうね。驚異的です。。。