【元巨人楽天】金刃憲人引退後の現在は?韓国籍で日本代表で苦労!生涯の年俸は?

こんにちは、管理人のよしです。

金刃憲人、懐かしいですね。内海、高橋尚成、金刃で左が強かった時期が思い出します。

昨年ひっそりと引退をしていました。楽天では、巨人時代の活躍ではなく、全盛期を迎えているのです。

金刃憲人のプロフィールは?

出身地兵庫県尼崎市
生年月日1984年4月10日
身長
体重
176 cm
80 kg
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2006年 希望入団枠
初出場2007年4月4日
最終出場2017年7月30日
  • 尼崎市立尼崎高等学校
  • 立命館大学
  • 読売ジャイアンツ (2007 – 2012)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013 – 2017)

市立尼崎高校

 3年夏の兵庫大会では準々決勝で東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4でした。

立命館大学時代

3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成しました。また、4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。

金刃憲人は韓国国籍で苦労

 立命大3年時に国籍を変えた。父の朝則さんは在日韓国人2世でした。 
市尼崎高時代、甲子園経験がないにもかかわらず、高校日本代表に選出。台湾遠征に参加し、MVPを獲得しましたが、立命大2年のときに大学選抜の代表選考から漏れた。国籍が問題になったという。 父の朝則さんは在日韓国人2世でした。 

下記のようにコメントをしています。
「代表に漏れたとき憲人が言ったんです。『世界が見えているのに悔しい……』と。息子にこんな思いを二度とさせたくない。息子本人も日本人になることを望んだ。それならと決意したんです」(朝則さん) 
結果として、北京五輪日本代表1次候補の中に金刃の名前があがりました。

巨人での経歴

 

2007年

先発ローテーションに選ばれました。前半戦は落ちついた投球で、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せました。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるましあが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、新人王獲得はなりませんでした。

2008年

8試合に登板したが、制球難から自滅する試合が目立ち、防御率も8点近くまで悪化、多くの四球を与えるなど精彩を書きました。同年シーズン終盤になると、中継ぎで5試合を無失点と結果を出し、クライマックスシリーズや日本シリーズでも中継ぎで登板しました。

2010年

山口鉄也の先発転向を受けて左の中継ぎとして期待されたが、投球フォームの変更が裏目に出て、防御率5.03と精彩を欠きました。

2011年

3年ぶりに先発復帰すると、2007年以来4年ぶりとなる先発勝利で挙げました。

2012年

一軍公式戦への登板機会はなかったです。

22試合に投げ7勝6敗、防御率3.55の成績を残した。

そのあとは楽天にトレードされました。

楽天時代

楽天移籍1年目の13年は、貴重な中継ぎ左腕として39試合に登板するなど球団史上初のリーグ優勝と古巣巨人を破った日本一にも貢献しました。

2016年は自己最多の54試合で3勝1敗、防御率2・38も、2017年は若手の台頭やコンディション不良でわずか6試合の登板に終わった。

結果として、12月2日付でNPBから自由契約選手として公示されことを受けて、6日に現役引退を発表しました。

金刃憲人が楽天打撃投手で再出発 昨季限りで現役引退

5年間を過ごした仙台には、家族も愛着を感じています。「これまでお世話になった球団や東北のファンの方々に恩返しがしたい」という感謝の思いもあり、来季からは楽天の打撃投手として5年ぶりの優勝を目指します。

金刃憲人の年俸の推移?

2017年3300万円東北楽天ゴールデンイーグルス26
2016年2300万円東北楽天ゴールデンイーグルス26
2015年2700万円東北楽天ゴールデンイーグルス26
2014年3300万円東北楽天ゴールデンイーグルス26
2013年1800万円東北楽天ゴールデンイーグルス26
2012年2500万円読売ジャイアンツ28
2011年2300万円読売ジャイアンツ28
2010年2200万円読売ジャイアンツ28
2009年2400万円読売ジャイアンツ28
2008年3000万円読売ジャイアンツ28
2007年1500万円読売ジャイアンツ28