【西武】外崎修汰は、なぜりんごやアップルパンチ?由来は?

こんにちは、管理人のよしです。

西武絶好調ですね!そのなかでも影なら輝き、日本代表でもある外崎選手の活躍が興味深いですよね。アップルパンチとかリンゴとかいわれるのはなぜなのでしょうか?

外崎修汰のプロフィールは?

・外崎修汰(とのさき しゅうた)
・1992年12月20日生まれ
・青森県弘前市出身
・身長177cm
・体重 75キロ
・右投げ右打ち

外崎修汰の一軍での成績は?

【外崎修汰選手の一軍成績】
西武 2015年  43試合 .186  1本塁打
西武 2016年  37試合 .176  2本塁打
西武 2017年 135試合 .258 10本塁打

外崎修汰の「外崎りんご園」

外崎の、実家は同地での農家を営んでいますその名もまさに「外崎りんご園」と言います。

外崎家が100年以上3代に渡り栽培し続けているりんご農園だそうです。

プロ野球選手になった今ではイベントやTwitterやヒーローインタビューでは、実家の美味しいりんごをPRしています。

外崎りんご園のホームページです。

外崎リンゴ園のツイッターです。

なぜ外崎修汰はアップルパンチと呼ばれるの?

実家がリンゴ園だけに、ツイッターを中心に、活躍すると「アップルパンチ」のハッシュタグをつけて西武ファンが喜ぶことが定番になりつつある。

それを受け外崎は、「いいんじゃないですかね。応援してくださっていることがすごく伝わる。期待に応えようといい方向に思っています」と笑顔。最後には自らマイクを持ち「スリー、ツー、ワン!アップルパーンチ!」とはなしています。