デーブ大久保の評判は?菊池雄星との関係は?現在は「肉蔵でーぶ」!

こんにちは、管理人のよしです。

巨人や西武で現役時代を活躍し、楽天でも監督をこなした大久保氏は現在何をしているのでしょうか。また、その他過去にあった菊池雄星とのトラブルについてのトピックです。

デーブ大久保のプロフィールは?

国籍 日本
出身地茨城県東茨城郡大洗町
生年月日1967年2月1日(51歳)
身長
体重
180 cm
108 kg
投球・打席右投右打
ポジション捕手
プロ入り1984年 ドラフト1位
初出場1985年7月30日
最終出場1995年6月22日
選手歴
監督・コーチ歴
  • 埼玉西武ライオンズ (2008, 2010)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012 – 2015)

事件やスキャンダルに事欠かないトラブルメーカーでもあったデーブ大久保。引き起こした事件や、スキャンダルが多すぎることもあり、その人格や言動が、世間から批判の的となっています。

2008年の西武コーチ時代 女性暴行事件

デーブ大久保が知人の女性を殴ってケガをさせ、女性が警察に被害届を提出したという事件が明るみに出ました。この女性は、デーブ大久保と不倫関係にあったと伝えられています。当初は否定していたデーブ大久保でしたが、一転して容疑を認め、罰金20万円を科せられました

菊池雄星との関係は?

「ナカイの窓」で菊池雄星との関係を語っています。

2010年、西武の2軍打撃コーチに就任します。その年にドラフト1位で入団した菊池を暴行したとして謹慎処分になりました。後に球団を解雇された。当時は「自分の指導法は間違っていない」と信じていたという。この件は裁判にも発展。その後、球団の主張が正しいことに気づいたという。なんとシニアディレクター西武渡辺から「雄星にあやまってくれないか」と打診され、大久保氏は「ぜひぜひ、謝らせて下さい」とのことです。

菊池は、「デーブさんすみませんでした。俺が悪かったです」と言い、その言葉に大久保氏は渡辺氏とともに涙し、「雄星悪かった。俺みたいな大人が苦しめて申し訳なかった」と直接謝罪したそうですね。

現在は?「肉蔵でーぶ」

 デーブ大久保は、2016年6月4日放送のTBSドキュメンタリー「バース・デイ」に再び登場し、楽天監督を辞任した後に居酒屋経営へ転身した姿が取り上げられ、話題となっています。新橋で、居酒屋「肉蔵でーぶ」を開業したデーブ大久保は、築地市場で選んだ食材を自ら調理し、見事な包丁さばきで料理を仕上げていきました。