村田修一「走れない」けど古巣・巨人戦で打点 代打で登場!BCリーグ巨人3軍倒す!

こんにちは、管理人のよしです。

 栃木の村田修一内野手(37)が、古巣の巨人3軍との交流戦に代打で出場。右足太もも裏の故障でスタメンは外れたが、2点を追う8回裏1死二、三塁で三ゴロで打点1を記録した。

「男・村田祭り!」

 巨人3軍との3連戦は「男・村田祭り!」と言われており、村田は主役である。

「5割で走れない。サードゴロでファーストまで行くのも目いっぱい。そういう中でも代打で出て、野球をやっている姿だけは見せたいと思った。ケガをしながらも今までグラウンドに立ち続けてきたと自分で思っている。最低限できることがあればグラウンドに立って、野球を最後までやりたい」と、監督に直訴しての出場でした。

 試合途中から素振りを繰り返し、2点を追う81死二、三塁の好機に代打で登場

村田巨人に維持のサヨナラ勝ち

 チームは7-6でサヨナラ勝ち。勝負を決める右前打を放ったのは、村田が日ごろからアドバイスを送る松井永吉内野手(19)だった。村田は「いつもいろんなことを聞いてくれて。何でも吸収しようとする姿は素晴らしいと思う。一緒に野球をやって楽しいですし、若い選手に刺激をもらいながらやってます」と弟子の活躍を喜びました。

村田の成績は?

試合前には巨人関係者と談笑。「良い刺激をもらった。また野球を頑張ろうと思った」と前を向いておりました。今季11試合に出場し、打率・258で8打点。本塁打はない。