【巨人】井端弘和と高橋由伸の信頼・仲はどうして生まれたのか?監督コーチの関係!

こんにちは、管理人のよしです。

生え抜きのスーパースターが原辰徳監督の後を受け、第18代巨人軍監督の座に就いた高橋由伸!由伸監督と時を同じくして引退を発表した選手がもう1人います。井端弘和も一緒に引退したのです。

井端弘和のプロフィール

井端は97年ドラフト5位で亜細亜大学から中日に入団します。

堅実な守備で3年目途中から内野のレギュラーをつかみ、04~09、12年とゴールデングラブ賞を7度も受賞しています。また、中日荒木との二遊間は「アライバ」コンビと呼ばれました。

13年にはWBCにも出場。その年のオフ巨人に移籍し、内野の全ポジションをこなせる守備と勝負強い打撃でチームを支えていました。

井端といえばアライバ

井端弘和は、中日時代は荒木と二遊間を組み「アライバ」と呼ばれる鉄壁な守備力を発揮します。花形といわれるショートやセカンドで好守備を連発しました。

巨人移籍後も内野の全ポジションをこなせる守備と勝負強い打撃でチームを支える存在でした。

高橋由伸と井端弘和の関係性!!

なんと、高橋由伸選手の引退を受けて自らも引退を発表した井端選手。

「由伸がやめる時は一緒にやめようと思っていた」と語り、盟友である高橋由伸選手と、引き際も共にしようと思っていたといいます。2人の固い友情が迷わず引退を決意させたのです。なんと通算2000本安打まで残り88本に迫っていたのです。

高橋由伸と井端弘和の成績は?

主に1、2番で活躍した井端に対して、打線の中軸を担うことが多かった高橋。この数字も、おおまかにはイメージどおりかもしれない。

<本塁打数>
高橋:321本 井端:56本

<打点>
高橋:986打点 井端:410打点

<安打数>
高橋:1753安打 井端:1912安打

<犠打>
高橋:17本 井端:248本

<盗塁>
高橋:29個 井端:149個

“みんな知ってると思うけど、改めて高橋由伸と井端弘和の絆を時系列にまとめてみました。 今年こそ、涙をこらえて胴上げされてる由伸監督と、その横で号泣してる井端コーチが見たい。 それにしても井端コーチが由伸監督のグローブを、由伸監督が井端コーチのグローブを使ってると思うと(´;ω;`)”

井端の高橋由伸へのメッセージ

「同世代のスターで高校、大学とずっと見てきた。由伸がやめる時はやめると決めていた。最後に一緒にプレーできて一緒にやめられる。これほど素晴らしいことはない。彼のおかげでいい野球人生を送れた」。

「ヨシノブが辞めた時は一緒に辞めようと、巨人に来た時から思っていた。昨日彼が現役を引退して、電話を頂いて、それからもうやめようと決めました。よくやったと自分でも思うし、まさか40までプレーできるとは思っていなかった。夢のような18年間だったかなと思う」

現在の首脳陣!井端弘和と高橋由伸との関係は?

現役時代とは、関係性が変わったそうです。上司と部下を意識しているとのこと。二岡と一緒に、あんまりしゃべるとボロが出るんで、近づかないようにしているとのことです。(笑)

また、『監督』と呼ぶようにしているそうです。『高橋監督』とか『由伸監督』とか呼ぶと、タメ口になってしまいそうだからだそうです。

まとめ

それにしても高橋由伸って本当に今までにないタイプのリーダーですよね。人間性が本当に優れているのでしょうか。井端の他にも、高橋尚成、二岡智弘、そして上原浩治から絶大な憧れを持たれていて、由伸のために頑張ろうとなっているのです。あとは、高橋尚成がジャイアンツにもどってくるころですかね。