【元巨人】桑田真澄の引退後は?凄すぎる経歴!巨人の監督はあるのか?

こんにちは、管理人のよしです。

桑田真澄は清原和博とは違い、引退後もすごすぎる経歴を持っています。

桑田真澄の現役引退後は?

引退後は野球解説者・やタレントとして活動しています。

早稲田大学入学

2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースに合格した2010年3月25日、首席で修了しました。

東日本大震災復興にて

 東日本大震災復興の為、桑田中心に巨人時代の同僚の仁志敏久やPL学園の後輩の立浪和義らOBを集結させ地元の社会人クラブ選抜チームと対戦しました。この時桑田はピッチャーとして出場したが現役を引退してから4年経っているのにもかかわらず130km/h台後半のストレートを披露しました。

東京大学硬式野球部特別コーチや東京大学入学

 東京大学の硬式で特別コーチとして大学生に野球を教えているそうです。『クローズアップ現代』や『SPORTS X』で指導の模様が特集で紹介もされました。どうやら、プロ野球時代から体格に恵まれず投球フォームを熱心に研究していた経験が買われたようですね。

また、硬式野球部の特別コーチを務める東京大学で、大学院総合文化研究科の大学院研究生に合格しました。

それにしても東京大学や早稲田大学に入学するとはどれだけ向上心が強いのですかね!

桑田真澄についてついてまとう疑惑?巨人との密約はあったのか?

 1985年のプロ野球ドラフト会議で巨人から1位指名を受け入団しました。ただ、桑田は早稲田大学進学を希望し他球団が指名を敬遠していたことから、巨人との密約が囁かれていました。桑田自身は密約を否定した上で、「巨人に行かないと言ったことはない。春の選抜が終わった時点で、巨人が一位指名してくれたらプロに行こうと決めた。当時のドラフトでは進学を示唆しながらもプロに入団した選手は自分以外にも大勢いる」と弁明しています。

その他、桑田はこのような発言をしています。

「よく言われましたよ。僕が早稲田を隠れ蓑にして巨人に入ったって……でも、僕が本気で早稲田に入りたいと思っていたことはPL学園の誰もが知っていたはずです。

桑田真澄は巨人の監督はあるのか?

 桑田の現役晩年、もう引退かと囁かれた辺りで登板機会が無くなってきました。「もはや引退か?」桑田さんは球団に自由契約を要求して、メジャーに活躍の場 を求めましたが、この時の自由契約の経緯を監督の原さんに一言も相談せずにHPに掲載し、以降桑田の巨人への歯車が狂ってしまったらしいです。

まとめ

桑田真澄の実績からすると、巨人のコーチ陣にもどってもいいかもしれませんが、今は斎藤コーチです。これは仕方ありませんが、巨人の監督候補であるのは間違いありません。いずれ、桑田の独特の指揮官をみてもみたいですよね。