【最強】斎藤 雅樹は平成の大エースだと言われる成績は?全盛期はどれだけの凄さか!

こんにちは、管理人のよしです。

一軍投手コーチを務める斎藤コーチは、巨人の長い歴史のなかで一番のエースといわれますがそれは何故でしょうか。成績を振り返ってみましょう。

斎藤 雅樹のプロフィールは?

サイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録し、沢村賞を3回受賞した「平成の大エース」と言われています。

通算成績は、18096敗防御率2.77です。

年度勝利防御率
1984403.07
19851282.96
1986732.40
19870018.00
1988631.89
19892071.62
19902052.17
199111113.38
19921762.59
19939113.19
19941482.53
199518102.70
19961642.36
1997684.11
19981073.08
1999524.66
2000312.10
2001224.32
通算:18年180962.77

タイトルを見れば平成の大エースといわれるのがわかります。

タイトル

  • 最多勝利:5回 (1989年、1990年、1992年、1995年、1996年)
  • 最優秀防御率:3回 (1989年、1990年、1996年)
  • 最多奪三振:1回 (1995年)
  • 最高勝率:3回 (1990年、1992年、1996年) ※当時連盟表彰なし

また、93年から97年まで5年連続開幕投手も務め、3年連続開幕戦完封勝利をあげています。

斎藤 雅樹は元藤田監督に育てられる

89年に藤田元司が2度目の監督就任をしてから、中継ぎ投手として38試合に登板しました。6勝3敗、防御率1.89とそれなりの数字を残したが、メンタルの弱さを度々指摘され、伸び悩んでいる若手投手の1人という印象でした。藤田監督は斎藤が入団した1983年当時も監督を務めており、斎藤をオーバースローからサイドスローに転向させた経緯がありました。

斎藤雅樹の11試合連続完投勝利

斎藤を語る上で欠かせないのが1989年に達成した11試合連続完投勝利です。

5月10日の大洋戦から、斎藤は一気にブレイクし、7月8日の大洋戦では、鈴木啓示(元近鉄)が1978年に達成したプロ野球記録の10試合連続完投勝利に並ぶ。そして7月15日のヤクルト戦で完封。新記録となる11試合連続完投勝利を成し遂げました。11試合連続完投のうち、完封が4度、1-2失点が6度という圧倒的な内容でした。

斎藤 雅樹は遅咲きのピッチャーであるため名球会入りできず

それが7年目の89年、斎藤雅樹は突如覚醒します。30試合に先発すると、いきなり20勝を挙げ、プロ野球新記録となる破竹の11連続完投勝利をします。巨人8年ぶりの日本一に貢献し、自身初の沢村賞にも輝いた。翌90年には、背番号11に変更した翌90年にも2年連続の20勝でMVPを受賞します。ただ、通算180勝です。晩年は故障もあって、名球会の入会基準である200勝には届きませんでした。

それでも、最多勝5回、最優秀防御率3回、最多奪三振1回、沢村賞3回というタイトル数は、斎藤氏がどれだけ圧倒的な投手であったかを証明している。最多勝5回はヴィクトル・スタルヒン氏(60年殿堂入り)に次ぐ歴代2位です。

まとめ

巨人は、四番かエースでしか監督になれないと言われていますが、斎藤も時期監督候補に選ばれてもおかしくはないのです。