“初物に弱い”ジャイアンツ!原因は中日 近藤真一にあるかもしれない!

こんにちは、管理人のよしです。

まさかの上原が打たれてしまいましたね。ただ、シーズンは始まったばかりです。ここでイライラすることもなく、応援していきましょう。

ただ、今回の横浜戦はピンチです。なぜなら巨人が負けるジンクスに当てはまるのです。

ベイスターズとの3連戦はとてもフレッシュなメンバーばかり!巨人にとってはピンチ

10日からの巨人3連戦(東京D)は初戦から飯塚悟史投手(21)、2戦目はプロ初先発となる平田真吾投手(28)、3戦目はドラフト1位の東克樹投手(22)とフレッシュな3人で臨むことになっています。
それでは何がピンチなのでしょうか

昔から巨人の弱点は?迷信だった

巨人の弱点は従来からいくつかありますが、その中でもはっきりしているのは下記です。
    ■左投手
    ■初物
    ■カーブ

ただ、巨人が「初物に弱い」と言われるのは、初物での負けが目立ってるから(報道とかで)
ついでに言うと、「初物に強いチーム」はいません。
どこも、初物にはデータが少ないので弱いです

なぜ巨人は初物に弱いといわれるのか?ルーキー中日近藤の影響もあり

 実は他球団も初物には弱いのですが、巨人はなぜそういわれるのでしょうか?

恐らく、近藤 真市の影響が大きいのかもしれません。1987年8月9日ので先発登板し、無安打無失点(四球2、失策1)に抑え、プロ野球史上初の快挙となる初登板ノーヒットノーランを達成された記憶が大きいのではないのでしょうか。なんと、プロ初勝利での達成としては外木場義郎に次いで2人目の記録を夏休みのお盆の前に行われており、記憶が大きかったのです。

まとめ

巨人の伝統通り、昨日も負けてしまい、この3連戦も負けるかもしれませんが、シーズンは長いです。まだまだ、広い心でみたいですね。