巨人吉川 光夫の成績は?日ハムからトレードで2年目!年俸にみなう2012年への復活はできるか?

こんにちは、管理人のよしです。

開幕ローテーション入りは、菅野、田口、野上、大竹、山口、吉川のようですね。畠がいたら恐らくはいれなかった吉川光夫の記事です。

吉川光夫のプロフィールです。

出身地福岡県福岡市東区
生年月日1988年4月6日(29歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2006年 高校生ドラフト1巡目
 

広陵高等学校時代

広陵では入学当初から期待されて2年生の春から背番号1を付けました。。甲子園出場経験はなく、3年生での一学年下の野村祐輔、小林誠司がいましたが、優勝候補に挙げられたが、準決勝で負けています。

北海道日本ハムファイターズから外れ1巡目として指名を受けました。

吉川光夫の日ハム時代の成績

なんと、2012年に2012年は14勝を上げ、最終防御率とパリーグMVPを取得しているんですよね。なかなかの成績であるのです。








20071943003.66
2008724006.23
2009302006.61
2010904006.92
2011705004.74
201225145001.71
201326715003.31
20141334004.88
201526118003.84
20162776304.19

吉川光夫の球種や投球フォームは?コントロールは改善

 オーバースローから平均球速約144km/h、最速152km/hのストレートと落差のあるスライダー、縦に割れるカーブを投げ分け、稀にフォーク、チェンジアップも混ぜます。

 制球難を気にしすぎる余りに無駄な四死球を出して崩れるパターンが多かったが、2012年に監督に就任した栗山英樹から「(吉川は)いい投手だから厳しくいく。1年間は褒めない。今年ダメだったら(自分が)ユニホームを脱がせる」などいわれ、自信が制球力改善の要因になったと語っています。

吉川光夫は大田泰示との交換トレードで巨人へ入団

2016年に大田泰示、公文克彦との交換トレードで石川慎吾と共に読売ジャイアンツへ移籍しました。背番号は、21となり球団の期待は大きいですね。

吉川光夫を全盛期と現在を比べてみると

 過去10年で規定投球回に達したのは2012年、2013年、2015年の3度です。日本シリーズで対戦した2012念ごろが全盛期です。2012年はチームではエース投手であり、日本ハムのリーグ優勝に大きく貢献しました。2012年には平均144km/h、MAX152km/hを記録した球速も、2017年には平均141km/h、MAX149km/hまで落ちてきている。

ただ、制球難で有名だったのの経験とともに克服し、技能派として移り変わろうとしています。毎年がコンスタンスに勝ち続ける投手でないものの、今が油が乗り切る年齢れでもあり、今年は活躍してもよいのではないでしょうか。先発ローテに入れるならまだまだ二桁勝利を出来る力がある投手だと思いますね。

吉川光夫の2018年度の年俸は?

2017年度に比べて、2500万円減の年俸7000万円でサインした。この結果に「このオフに鍛え直して、来年はいいシーズンになるように、監督を胴上げできるようにしたい」と約束していました。

吉川光夫の2018年度オープン戦の成績は?

  • 2月21日のオープン戦ヤクルト戦では3回6失点。
  • 3月7日は、ロッテ戦で5回を4安打2失点。初回1死一、三塁から暴投で失点。
  • 3月15日のイースタン春季教育リーグ、ヤクルト戦に先発。7回を5安打無失点と好投しました。

成績はそれほどであったため、当社は中川や畠がいたため、開幕ローテーション入りは厳しかったものの、両者不在のため見事勝ち取りました。

まとめ 2012年のような活躍へ

4月3日からの中日3連戦の2選目に先発で登板がでてくるのは間違いありません。毎年がコンスタンスに勝ち続ける選手ではないため、今年は期待をしたいですね。制球難さえよくなれば、かならず2012年のような活躍をできるはずです!