【巨人】田中俊太が結婚!嫁は?広島田中 広輔は兄!経歴成績は!?

こんにちは、管理人のよしです。

昨日は巨人は負けてしまいましたが、新人の大城と田中がプロ初安打を放つという頼もしい結果もありましたね。

田中俊太のプロフィールです。

出身地神奈川県厚木市
生年月日1993年8月18日
年齢(24歳)
身長178 cm
体重80 kg
高校

東海大学附属相模高等学校

 大学

東海大学

社会人

日立製作所

 

東海大相模高校時代

2年生の2010年に第92回全国高等学校野球選手権大会で準優勝、3年生の2011年に第83回選抜高等学校野球大会で優勝をそれぞれ経験しています。
 

東海大学時代

3年生時の2014年に第63回全日本大学野球選手権大会で優勝に立ち会っている。

日立製作所時代

2017年には社会人日本代表に選ばれ、同年のアジア野球選手権大会では二塁手として出場し、優勝メンバーとなりました。

田中俊太の兄は広島田中広輔?とても似た経歴

4歳上の兄は、広島田中広輔です。兄は、2013年のドラフト時は巨人からの入団の誘いを拒否しています。理由は坂本勇人がいるため、「出場機会がない」と判断した為です。ショートにこだわるのであれば懸命な選択だったと思います。また、セカンドには片岡選手が西武から加入してきました。

また、弟の俊太も兄と同じ東海大相模高校、東海大学出身で社会人ベストナインを獲得しています。常に兄を追いかける中で「周りから比較される声があるのは仕方ない。それを受け止めてやってきた」という。

 大学卒業後は、プロからの指名はかからなかったが、これも同じ経験をしてきた兄の田中広輔からは、「会社のために頑張っていれば、おのずと結果はついてくるから」とアドバイスをもらったといいます。

田中俊太の兄は広島田中広輔と入団時も同じ背番号

 田中広輔は63番で1年目からレギュラーを奪取したが、その背番号と同じ番号を背負うことになりました。今季限りで引退した巨人堂上剛裕は弟直倫と中日に在籍していたが、巨人移籍時に63番を弟が引き継いだ。

田中俊太は兄に対しての対応は?

下記のようにコメントをしています。

「もちろん目指す目標ではあるけど、容易に野球のことを聞いちゃいけないというか。ずっと先を行っているので」

田中俊太のオープン戦の成績は?

オープン戦打率は.273だが、29打席と少ない出番の中で、すでに6四球を奪取。出塁率は.429を誇っています。また、「ソフトバンク-巨人」(3月13日)では、3-7で迎えた八回に、逆転満塁弾を運んでいます。パンチ力とチャンスでの力強さをアピールしているのです。

田中俊太のポジションはセカンド!ライバルはドラフト1位の吉川尚

正直パッティングなどは田中のほうが良いんですよね。ただ、相手はドラフト1位ですから、吉川を試さずにレギューラを取得というのは難しいですよね。

吉川尚 打点1 得点2 出塁率.268 OPS.499

田中俊 打点6 得点8 出塁率.407 OPS.862

田中俊太憧れのスーパースターは川崎宗則(ムネリン)

野球のことが分かってきた中学生ぐらいのころから、憧れるようになったようです。自分と同じ右投げ左打ちの内野手だったから、というのもあります。

開幕戦で初安打の田中俊太

6回まで打線が無得点に封じられてきたメッセンジャーから、なんと二塁への内野安打を放ちました。「点差もあったので気持ち的にガチガチという感じではなかった。ラッキーな形だったけど、結果的にヒットになってよかった」。

とコメントをしました。

田中俊太が結婚しました!

田中俊太内野手が結婚を発表しました。お相手は神奈川県在住の一般女性です。1月23日に婚姻届を提出し、この日までに由伸監督ら首脳陣、チームメートへの報告を済ませたとのことです。約4年間の愛を実らせ「覚悟をしっかり持ってよりいっそう野球に取り組んでいきます」と決意を口にしています。2人の出会いは9年前。東海大相模高時代に選手、マネジャーとして時を過ごしたそうです。ともに東海大に進学し、数年後交際をスタート。プロ入り前から結婚を決めており、プロポーズは昨年の11月だったとのこと。ここまで全て代打で7試合に出場し6打数2安打、打率3割3分3厘。

まとめ

憧れの選手であるムネリンのように、または兄の田中広輔のような選手になってくれれば本当に楽しみです。将来は、吉川が遊撃手でセカンドに田中、サードに坂本であれば面白いなと思っています。