【阪神】ドラフト1位2016年新人王髙山 俊!同額年俸のライバル中谷ではなく開幕スタメン!

こんにちは、管理人のよしです。

なんと、高山選手の評判が急上昇!ここにきて開幕スタメンを勝ち取りました。

髙山 俊のプロフィール

高山俊のプロフィールです。

日本大学第三高等学校

1年生時の秋に1番ライトとしてレギュラーに定着すると、東京都大会で打率.435を記録します。。2年春の選抜大会では準優勝。チームが優勝した2年秋の都大会では、打率.4324本塁打、13打点という好成績を挙げた。3年時には春夏ともに、甲子園球場の全国大会に出場し、春は通算打率.52917打数9安打)を記録すると、夏では、通算打率.50026打数13安打2本塁打)でチームを優勝に導きましたホームラン数も通算32本です。

なんて輝かしい高校時代なのでしょうかね。でも、日大三高が強かったのか、プロには進まず、結束して大学への進学を選択します。

明治大学時代

1年時から右翼・中堅のレギュラーとなり、3番打者を確保します。東京六大学野球では、打率.417でベストナインに選ばれた

大学4年の時には、2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表に選出されます。東京六大学の秋季リーグ戦では、通算最多安打のリーグ記録131安打を記録します。通算成績は、打率.3248本塁打、45打点という成績を残すとともに、ベストナインを6回も受賞しているのです。2015年では阪神タイガースにドラフト1位指名されるのです。

高山俊の阪神での成績は?背番号は?

高山俊の阪神タイガースでの背番号は?

なんと、プロ入り1年目から一桁番号であり、マートンが背負ってた9番を背負います。期待がでかかったのですね。

阪神タイガースでの成績は?

1年目に新人王は取得しましたが、1年間のグッズの売り上げも、長年チームトップを維持していた鳥谷を抜くなど輝かしい出だしではありました。ただ、高校・大学時代の成績と比べると2年目の成績はもっと輝かしいものであってもよいかもしれません。

年度試合打席安打本塁打塁打打点打率長打率
2016134530136819365.275.391
201710335382612124.250.369
 2388882201431690.266.382

高山俊の2018年度の年俸は?

2018年度の年俸は2017年度より200万円減の来季年俸3800万円(推定)で契約を更改しました。「後悔はないが、反省する点はいくつかある」と話をしています。

同世代のライバル!中谷将大!金本は中谷を推している

同世代のライバルであり、2017年度20本塁打を記録しブレークした中谷将大も、年俸が¥3800万円(推定)であります。金本監督は、「右の長距離砲」が欲しい。と常に話しています。甲子園という球場は浜風がライトからレフトに吹いているため、右打者が有利であると言われています。また、守備力も高山は中谷に勝てないと思われているようです。

中谷将大がオープン戦絶不調により高山が猛アピールで開幕スタメンへ!

中谷がオープン戦では1割4分3厘であり、2軍戦で実戦感覚を養い、再び1軍に合流したが、3月24日のオリックス戦で3打数無安打と結果を残せませんでした。それに比べ、高山は2割8分ほどうち、金本監督は期待値の高い背番号9に明確な数字も求め始めました。ホームランバッタはーのぞんでなく、「彼は絶対に(本塁打を)狙ってはいけない。あくまでクリーンヒットで」と話をしています。

まとめ

高山はホームランバッターではなく、アベレージヒッターを期待します。阪神にはロサリオや糸井福留とホームランバッターはそろっていますので、コンスタントに3割を打てればいいですね。