2018年のヤクルトスワローズはやれるか?チームの顔山田哲人・青木にバレンティン!2015年のような輝きを

こんにちは、管理人のよしです。

今年のヤクルトは、監督も変わり新しいヤクルトです。昨年は断トツの最下位におわりました。その心配を払拭させるように青木が大リーグから戻ってきました。

2015年のように強いヤクルトスワローズを期待するファンは多いのではないでしょうか。

オープン戦の成績から開幕まで考えてみましょうか。

オープン戦でのヤクルトの外野陣の成績は?

3/14日までの外野陣の成績です。普通に青木より良いバッターがたくさんいるイメージですね。

青木 .357(14-5) 0本 出.500
バレ .444(18-8) 3本 出.444
塩見 .500(14-7) 1本 出.500 1盗
上田 .667(*6-4) 0本 出.714 4打点
山崎 .353(17-7) 0本 出.542 2盗
坂口 .316(19-6) 0本 出.381

2018年の山田哲人はやってくれるのか?

去年 の年度ごとの成績は以下の通りです。
4月 25試合 .191(89-17) 2本 *8打点 21四球 20三振 OPS.677
5月 24試合 .269(93-25) 3本 12打点 16四球 19三振 OPS.774
6月 22試合 .177(79-14) 5本 13打点 13四球 19三振 OPS.728
7月 23試合 .247(89-22) 6本 18打点 12四球 27三振 OPS.820
8月 26試合 .290(93-27) 4本 12打点 15四球 26三振 OPS.889
9月 23試合 .301(83-25) 4本 15打点 14四球 21三振 OPS.902

さすがに8月9月と調子を戻しているので、期待をしたいのですが、なんと山田哲人のオープン戦打率 .059です。去年も一昨年もオープン戦ボロボロだったのですが、なんだかんだ調子は戻してくると信じたいですね。一昨年のデットボールの影響が今年は、なくなるといいのですが。一昨年の後半からだから不調が長いと困ります。

開幕のヤクルトの打線は下記のようになるか?

左 青木
遊 川端
二 山田
右 バレ
一 雄平 (坂口)
三 畠山 (藤井)
中 山崎
捕 中村

普通に強いですよね。ただ、青木も流石に年齢考えたら夏場は疲れ出るし、バレンタインもま

た肉離れする可能性あるし坂口山崎塩見上田が必要になる場面はあるはずです。

青木の応援歌です。「懐かしい」ですね!!

まとめ

ヤクルトの場合、次々の主力が離脱・怪我をしなければ強いのです。今年から監督となりました小川が「機動力重視」とお話をしていますが、選手としてはそろっています。

オープン戦では、バレンティンを6番に打たせるのが理想と話していますが、クリンナップではないところが実現できれば強いはずです。