【阪神】石崎剛 の現在?フォーム・球種・球速は?2018成績は!彼女(嫁)は?

こんにちは、管理人のよしです。

阪神タイガーズ石崎 剛の話題です。先日結婚をしましたが、中継ぎとして日本代表に選ばれたりして、知名度がどんどん上がっています。

阪神の一番の売りは中継ぎと思いますが、中心人物としての期待はできるでしょうか。確認してみましょう。

石崎 剛のプロフィールです。

出身地

茨城県古河市
生年月日1990年9月9日
年齢(27歳)
身長183 cm
体重89 kg
利き腕

右投げ右打ち

高校

茨城県立三和高等学校

社会人

住友金属鹿島

高校時代

2年生の夏から3年生の春まで、なんと部員9人・指導者2人というチームでした。ただ、最速145km/hの速球を投げることで注目された。 しかし、高校が甲子園とも無縁であり、春夏とも全国大会には出場することはなかった。

社会人時代

住友金属鹿島へ入社しました。 しかし入社後に腰痛を発症し、腰への負担が少ない投球フォームであるスリークォーターへ転向します。 さらに、速球の最高球速が151km/hにまで向上します。

結果として、2014年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから2巡目で指名されます。背番号は30です。

石崎 剛阪神タイガースへ入団後

 2015年に救援要員として開幕一軍登録を果たしますが、一軍と二軍への行き来でぱっとせずでした。

 2016年には、春季キャンプから二軍生活が続いた後に、横山が先発した5月4日の対中日戦(ナゴヤドーム)9回裏にシーズン初の一軍公式戦登板。この試合から5月20日の対広島東洋カープ戦(甲子園)まで3試合連続の救援登板で無失点を続けたました。

一軍公式戦への登板は10試合にとどまったものの、3ホールド、防御率1.68を記録しました。

  2017年には、レギュラーシーズンの前半戦を二軍で過ごした後に、8月9日に一軍へ昇格します。シーズン初の一軍マウンドであった8月11日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)から9月5日の対広島戦(マツダスタジアム)まで、12登板試合続けて無失点で凌ぐなど、ビハインドの局面からのロングリリーフを中心に救援で好投を続けたましたレギュラーシーズン全体では、26試合の登板で、1勝1敗4ホールドながら防御率を1.17にとどめる好成績です。

石崎 剛の特徴は?

サイドスロー気味のスリークォーターから投げ込む150km/h台の速球が武器。投げる球種ストレートスライダーです。特に、スライダーは130キロ前後で外角に投げ分けるスライダーは良いモノがあります。

石崎 剛は結婚していた!嫁は?

2016年末に結婚しています。お相手は横浜市出身の23歳の一般女性のようです。

嫁さんはアスリートフードマイスターの資格を取得しており食事面でも石崎投手をサポートしているそうですね。何やら女優の有村架純さんに似た美人だそうです。

石崎 剛 侍ジャパンでの活躍は?

 石崎剛は、今回の侍ジャパン最速タイとなる153キロを計測した速球で押して1回を三者凡退に抑え、6投手による完封リレーに貢献しました。

これに下記のようにコメントを残しています。

「結果は良かったけど、感覚は良くなくて70点くらい。自信を持ってやるだけと思いました」

「プレッシャーはありました。1点の重みを考えすぎてはだめだけど、ゼロに抑えたいという気持ちはありました」

石崎 剛の2018成績は?

石崎は開幕から1軍に帯同し、12試合に登板。序盤は勝ちパターンでの起用もあったが、徐々に失速。計15回を7失点、防御率4・20。降格して即、この日のウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に登板して1回を無安打無失点に抑えた。

まとめ

2018の成績はそれほどよくないですね。今後を期待したいと思います。夏ぐらいに上がってきてくれたらいいわ。変な場面で使われすぎたな