【阪神】高橋遥人はドラフト2位の評価は!常葉橘高校・亜細亜大学出身!

阪神タイガースのドラフト2位である髙橋 遥人の話題です。金本監督は小野以上のインパクトをもっているようです。高校時代大学時代はどのような選手だったのでしょうか。

期待は大きいです。

その他、髙橋遥人のトピックです。

【阪神】髙橋遥人の球種・成績は!肩の筋力が弱いらしい!

こんにちは、ヨシラバーです。 阪神タイガースに不足している左腕の先発投手として期待がかかる投手です。今年も沢山のピッチングをしているのです...

阪神の髙橋 遥人のプロフィール

出身地

静岡県静岡市
生年月日1995年11月7日)
年齢(22歳)
身長180 cm
体重78 kg
利き腕

右投げ右打ち

高校

常葉学園橘高等学校

大学

亜細亜大学

常葉橘高校時代

2年夏からベンチ入り、甲子園に出場します。 甲子園1回戦に5回途中から登板し、4.1回3安打0封の好投で全国デビューを飾ります。左腕として複数球団スカウトに注目され、志望届を提出したがドラフト指名漏れとなり、亜細亜大学に進学するのです。

亜細亜大学時代

3年時には全日本大学野球選手権大会に出場した。この年の秋にはリーグトップの56回2/3を投げます。

しかし4年春は制球難に陥り防御率5.79と不振に終わった。4年秋にも不振は続き、ドラフト指名後には東洋大学とのリーグ優勝をかけた一戦で3点ビハインドから登板するも、5球連続ボールを与えて降板。チームはこの試合に敗れたため、これが大学最終登板となりまりました。

東都大学リーグ通算31試合登板、5勝7敗、防御率3.57です。

2017年のドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受け、背番号は29となります。

阪神スカウト陣の髙橋 遥人の評価は?

阪神・吉野スカウト

「能見はアドバイスをくれるだろうし、右投手だけど球児も面倒見がいいから。吸収してほしい」

「(亜細亜ボールは)左右関係なく投げられる。スライダーもいい。もっと投球の幅が広げられる」

「素質はすごい。持っているもの出せるように努力して欲しい」「あれだけ直球の強さがあれば、うらやましい。球の質は今永(DeNA)に近いです。彼のようになってくれたらね」
「プロでは自信を持って投げてくれたらいい。厳しいところを狙わなくても、球に十分力がありますから。甘くても力負けしない」
 「最速150km/hの力強いストレートが投げられる左腕。スライダーやチェンジアップなど、空振りを奪える球種も持ち合せる。プロのレベルに慣れてくれば、先発ローテーションの一角を担うことが期待される選手」
 「制球がまとまってきた。(常時140キロ台は)左腕ではなかなかいない」
「力投派じゃないのに球速が出る。左ではなかなかいない。制球力がつけば、今永(DeNA)のようになれる」

不安視されている左肩は?

「左肩の筋肉」が不安視されています。インナーマッスルにアライメント(関節の並びの異常)があって少し動きも悪いそうです。本人は痛いとか言っていないけどある程度、克服できるところもある。ただリスクを背負うようなことにもなりかねないのです。それゆえ、今は無理をさせられないですよね。

阪神金本監督の髙橋 遥人の評価は?

金本監督は、ブルペン投球にホレ込んています。回転のいい球筋に、大絶賛しています。広島の薮田のようになってほしいとの期待があるのですね。

スゴイわ。アレ、打てないと思うよ」

「春季キャンプには、高橋、連れて行きたかったんだけどね。人数の関係で…」

「高橋がいいよ。コレはね、いいボール、投げますよ。大学時代、プレッシャーに負けて、いいものを出せなかった。薮田みたいになってくれればいいね。」

「先発投手陣ですかね。なかなか安心して6人で回れるという人材はまだ正直できていない気がします」

3/4のオープン戦に登板!背番号が29のために井川を思い出す

4回から登板し、打者3人でピシャリ。5回は先頭バッターを四球で歩かせるも、後続を断ち無安打に抑えました。なんと、二回を無安打無失点、最速は146キロです。監督曰く去年の小野以上の衝撃だそうです。

高橋はこの投球に下記のように言及します。

「自分のボールがどれだけ通用するのか楽しみだったので、その部分では少し通用したのかなと思います。うれしかったですし、もっと頑張ろうと思いました」

82年ぶりの歴史的記録に向けて挑戦!

初勝利は、広島の強力打線に真っ向勝負で挑み、なんと7回を2安打無失点5奪三振と圧巻の投球を披露しました。巨人戦では、82年ぶりの偉業に挑む。プロ初登板から2連勝すれば、球団では1937年の西村幸生以来、3人目なのです。 「しっかり投げられるように準備していければいい。(連勝記録は)全然意識しないで、ずっとやってきたことを出して、投げられたらいいと思います」

とはなしています。

まとめ

先発左腕は能見、岩田が高齢化し、岩貞の後続が見当たらず、サウスポーは非常に期待です。阪神タイガースに不足している左腕の先発投手として期待がかかる投手で、投げっぷりもいいですし、調子の良いときのストレートは絶品とのこと。