【巨人】ドラフト3位の大城卓三は東海大相模出身!正捕手へ猛アピール!

こんにちは、管理人のよしです。

ドラフト2位の岸田 行倫について、紹介しましたが、なんとドラフト3位で入団した大城 卓三も捕手なのです。187cm86kg、恵まれた体格の強肩捕手です。

大城卓三のプロフィール

出身地沖縄県那覇市
生年月日1993年2月11日
年齢24歳
身長 187 cm
体重 89 kg
高校 東海大学附属相模高等学校
大学 東海大学
社会人NTT 西日本

高校・大学時代・社会人

東海大相模高では、4番・キャッチャーとしてチームを牽引、3年夏に県大会予選で打率.393甲子園ではなんと打率.318打点10を記録し、4番としてチームは準優勝をしています。

東海大進学後は2年春からリーグ戦に出場します。3年秋に正捕手の座を掴み、なんと打率.375の好成績でベストナインに輝きます。
そして、4年春に主に3番で打率.4479の大活躍を演じMVP・首位打者・ベストナイを獲得するのです。

NTT西日本では1年目から公式戦に出場し、秋の選手権1回戦に7番・捕手でスタメン出場しました。

2017年、社会人日本代表に選ばれ、ドラフト会議で読売ジャイアンツに3巡目指名されました。

スポンサーリンク

巨人でのOBや首脳陣・スカウトの評判は

巨人スカウト陣の評判は?

巨人のスカウト陣は下記のようなコメントを残しています。

巨人・岡崎スカウト部長
「キャッチャーとしての資質も十分だけど、特に打撃が素晴らしい。阿部選手のような、柔らかくて長打力があって広角に打てるタイプ。打てる捕手として期待しています」

巨人・渡辺政仁スカウト
「長身で体格の良い大型捕手。長打力のある打撃が一番の魅力。社会人屈指の打撃能力があり、強打の捕手としてチームの正捕手争いができるだけの能力がある」

プロスカウト
「捕手としてのプレーが安定している。打撃は力まかせではなく柔らかいから、多少崩されてもヒットにできる。プロの水に慣れれば、やっていける素材ですよ」

東海大の先輩、原辰徳氏の期待は?

原 辰徳氏は下記のように熱いコメントを残しています。

「即戦力で入るわけだから最初から2軍とかでなく、1軍でいくように話をしました。ポジション的にも大いにチャンスがある」

小林も宇佐見もまだレギュラーでは、無いと原氏も考えているのでしょうか。

目標の選手は阿部慎之助

ドラフト2位の岸田の憧れは城島でしたが、大城は阿部慎之助とのことであり、下記のように抱負を語っています。

「阿部選手は長年にわたって巨人の正捕手を務められ、打つ方でも2000安打を達成された方。自分も打てる捕手を目指している。捕手で勝負したい。素晴らしいキャッチャーの方がいるので負けないように、1軍で活躍できるように練習していきたい。」

2018年度春季キャンプでは

1日体験で1軍のキャンプに参加し、そこでは首脳陣にもうアピールします。サンマリンの右翼席に7本のサク越えを披露するのです。

囲み取材では、高橋由伸監督は、大城のパッティングをみてべた褒めしています。

「いい打球を打っていたね。ロングティーも飛距離が出ていたし、スイングも速くて力強い。また見たいなと思った」

まとめ

ドラフト2位の北島とのライバル勝負も楽しみですね。競争意識をあおるかのように、ジャイアンツ寮では隣同士の部屋だそうです。

社会人生活を3年経験しての念願のプロ入り。他の捕手に負けるアピールへ正捕手の争いに期待です。

スポンサーリンク