【巨人】育成・松原聖弥の成績は!仙台育英出身!

こんにちは、管理人のよしです。

巨人の育成、成瀬は以前記事にしましたが、松原聖弥も背番号「009」ながら、育成野手として唯一のキャンプ1軍メンバー入りしました。一塁から三塁への走塁練習では、チームNO1の俊足を誇る重信と同タイムの7・1秒をたたき出しています。

注目したい人物の一人です。

松原聖弥のプロフィール

出身地 大阪府大阪市
生年月日 1995年1月26日
年齢 23歳
身長 173 cm
体重 72 kg

高校
仙台育英学園高等学校

大学
明星大学

仙台高校

甲子園の名門である仙台育英出身ですが、目立った実績はありませんでした。2年秋にメンバー入りを果たすも県8強に留まり、3年春夏の大会をいずれもベンチ外で過ごしています。

明星大

 2年春に5シーズンぶり2度目のリーグVを達成し、5番・ライトでベストナインのタイトルを獲得します。4年春まで、リーグ戦まで5シーズン連続で2部ベストナイン(外野手)を受賞します。ライト、レフトでの起用を経て中堅手レギュラーとして攻守両面でチームを牽引しました。

2016年のドラフト会議において読売ジャイアンツから育成選手5巡目指名されました。

スポンサーリンク

松原聖弥の巨人入団後の活躍は?

2017年の成績は?

2017年シーズンは2軍戦に7試合出場しましたが、安打は出せませんでした。

しかし、3軍戦には100試合に出場し、打率.330をマークし、盗塁数は43との活躍ぶりで、三軍トップの成績を挙げることになりました。

台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにでは、「1番・右翼」でスタメンで出場、6打数2安打1打点の活躍で勝利に貢献。3試合に出場し、打率3割3分3厘と好調でした。松原は、下記のように納得した表情で振り返っています。

「普段(3軍で)対戦していた投手よりレベルの高い投手から打ててよかった。大きい収穫だと思います。変化球の曲がりも日本の投手とは違う中で対応ができたので、来季にしっかりつなげられるようにしていきたい」

松原聖弥は2018年の一軍キャンプ大抜擢

育成野手として唯一のキャンプ1軍メンバー入りしましたが、育成の先輩である松本哲、長谷川らのドキュメンタリー番組を動画サイトで視聴したことを告白しています。

 休日も返上でマシン打撃を行い、約150スイング打ち込み、「精いっぱいやるだけです。今までやってきたことを評価されたと思うので、自分らしくやっていく」と前を向いています。

松原聖弥の強みは?

50m走で5秒80の記録を持つ俊足。

仙台育英高等学校時代には3年生の夏に野球部を引退した後、震災の影響で主軸選手が集団転校となった駅伝部に、助っ人として入部した経歴を持ちます。

まとめ

今までで育成で活躍した外野手は、松本哲也しかいません。ただ、松本氏がブレイクしたときには巨人は若手にチャレンジさせる土壌が整っていました。今年の巨人もそうです。

走攻守で練習試合・オープン戦で活躍し、第2の松本哲也になってほしいですね。

スポンサーリンク