安室奈美恵が引退する理由は?事務所との確執や息子の芸能界バックアップなど!

歌手の安室奈美恵が来年9月16日のデビュー25周年の記念日に引退することを、40歳の誕生日にサプライズで発表しました。驚きましたよね!そんな安室奈美恵をピックアップです。

スポンサーリンク

安室奈美恵のプロフィール

安室奈美恵のプロフィールです。

出身地安室 奈美恵
別名Namie Amuro
生年月日1977年9月20日
年齢40才
体重95 kg
出身地沖縄県那覇市

少女時代

 当初は女優志望で芝居の稽古などもしていたが、スクール内で観たジャネット・ジャクソンの楽曲「Rhythm Nation」のミュージック・ビデオに衝撃を受けて以来、歌手になることを夢見るようになりました。

安室奈美恵といえば

 校則の厳しい高校に通っていた頃、他校で安室奈美恵を意識したアムラーの女の子に心を驚かせていた若かりしころを思い出しますね。1996年 – 1997年、茶髪のロングヘアー・ミニスカート・細眉・厚底ブーツなどといった彼女のファッションスタイルや髪型、メイクなどに憧れた”アムラー”が大量発生し、社会現象となりました。

ミリオンヒット作を多く発売し、10代シンガーとしては日本の音楽史上初となるシングル・アルバム総売上げ2000万枚突破を記録します。1997年の『第48回NHK紅白歌合戦』でも、「CAN YOU CELEBRATE?」を初の紅組トリとして熱唱し、1年間の産休に入り、育児に専念しました。

安室奈美恵の衝撃的な発言

そんな中、安室奈美恵の告白という番組NHKでの衝撃的な発言がありました。
20周年で引退させてもらえなかった」

安室奈美恵が引退を決意した理由1:モチベーションの維持

引退理由は、5年前までさかのぼるそうです。自分の気持ちを整理し、問いかける20周年だったが、この一年が終わっても引退は出来なかったそうです。

ただ、全てをやり尽くしたという気持ちがあったため、「どうすればいいんだろう。燃え尽きてしまっていたので、次、何をするのか考えられずにしばらくいて」状態だったそうです。

ただ、見つめなおしたのはファンの気持ちを大切にしてあげようとすることだったとのことです。前を見ることが出来たのはファンのお蔭だったそうです。

安室奈美恵が引退を決意した理由2:事務所への不信感

 安室の事務所への不信感はかなり前からあり、年間25億円という巨額の所得隠しを摘発され、事務所の平社長は2年あまりの実刑判決を受けていました。

ライジングとの“奴隷契約”や不条理な印税などの利益配分なども加わり、安室は不満を募らせていきました。安室は事務所と完全に決裂。【現時点までに公表しているお仕事を最後まで精一杯責任をもってやらせていただいた上で、それ以降のアーティストとしての活動を停止し、引退させていただく意思を固めました事を、ここにご報告させていただきます】と綴った手紙を送ったといいます。

安室奈美恵が引退を決意した理由2:息子の芸能活動バックアップ

安室奈美恵には、2018年3月現在で19歳の息子(長男)がいます。息子の名前は安室温大(はると)です。2017年春から名門大学に通っていると噂されています。

安室温大も20歳という年齢ということで、もう”子育て”という年齢ではなくなりました。安室奈美恵の引退も、息子安室温大の芸能関係のバックアップをするためではないかという説も噂されています。

安室奈美恵が引退を決意した理由2:プロであるがゆえの体力問題

 「自身の年齢的な体力の壁にぶつかったのではないか」との話があります。年齢的にこれまでのようなパフォーマンスを続けられないから、という理由であれば、やはり高いプロ意識ゆえの引退ということなんでしょうね。

スポンサーリンク

SMAPと同じで事務所問題

5年前に引退したかったのか。
そうだったのかー。

5年前といえば、大手事務所を突然辞めるとの話しがあったころなので、マスコミからは干されたと言われてたな。SMAPと同じで、芸能事務所は時代のスターを潰すくらい簡単なんでしょうね!!

安室奈美恵が引退する理由がいろいろと納得できた番組でした。

2018年を迎えて紅白歌合戦やベストアルバムについて

 純白のドレス姿で「Hero」を熱唱した瞬間視聴率は、他を圧倒する48.4%を記録しました。また、ベストアルバム『Finally』は、2カ月で200万枚を突破しています。過去の曲を、今一度ていねいに再レコーディングし、過去を茶化さず、真摯なまなざしであの時代を見つめした結果ですね。

スポンサーリンク

小室哲也が安室奈美恵について

 小室は、3枚目シングル「Body Feels EXIT」(1995年10月)より安室をプロデュースしました。1996年7月にリリースしたアルバム「SWEET 19 BLUES」では、当時の史上最高記録となった初回出荷枚数305万枚という偉業も成し遂げます。「Don’t wanna cry」でソロアーティスト史上最年少でレコード大賞もを受賞しました。

ただそんな安室奈美恵のプロデューサーである小室哲也が1/19に引退を表明しましたが、小室哲也は下記のようなコメントを残しています。

「安室さんの引退宣言は、すぐに理解できました。美学というか…。海外では、マイケルジャクションやプリンスであったりだとか、他界とは違うんですけど、そういう美学を貫くという意味では、非常に素敵だなと思いました」「自分もいずれ、素敵な形で身を引けたらと思いました」

安室奈美恵、SMAPに続き、小室哲也の引退宣言、ますます平成の終わりが近づいているような気がしてくる。

まとめ

安室奈美恵、SMAPに続き、小室哲也の引退宣言、ますます平成の終わりが近づいているような気がしてくる。

スポンサーリンク