『四番サード』と言えば?巨人だと長嶋茂雄や原辰徳!他球団は?

こんにちは、管理人のよしです。

巨人ファンは「4番サード」のアナウンスが球場に響きわたるのは、何とも言えない喜びがありませんでしょうか。今は、ショートが人気ありますが、憧れと言えば4番サード」だった時代もありました。

巨人4番 サード長嶋

国民的スーパースターです。走攻守が完璧に揃ってて男前であり、チャンスに強く、欲しいところでホームランが打ち、六大学で活躍後、巨人の選手ですね。「ミスタープロ野球」、「ミスタージャイアンツ」であり、日本プロ野球史上最高の人気を博しました。プレーがド派手でありながら、成績をみても脅威ですね。

成績

安打打率本塁打打点
2471305441522

成績タイトル

タイトル 回数
首位打者

6回 (1959年 – 1961年、1963年、1966年、1971年)6回は右打者記録、セ・リーグ記録。3年連続は右打者タイ記録、セ・リーグタイ記録。

本塁打王2回 (1958年、1961年)
打点王

5回(1958年、1963年、1968年 – 1970年)

最多安打

10回(1958年 – 1963年、1966年、1968年 – 1969年、1971年)6年連続・通算10回は共に日本記録。当時連盟表彰なし。

MVP

5回(1961年、1963年、1966年、1968年、1971年)※歴代2位タイ。

日本シリーズMVP

4回(1963年、1965年、1969年、1970年)※歴代1位。

巨人 4番 サード原

原辰徳は、中日「落合博満」でも阪神「ランディ・バース」でもなく、広島「山本浩二」と違い、首位打者も本塁打王も獲ったことがありません。ただ、80年代~90年代前半でファンから最も憧れられていたのは、この男でした。物心がついて、テレビをつけたらそこにいたヒーローは長嶋でも王でもなく、81年に巨人入団して新人王を獲得した原でした。また、ON世代は4番原をディスりながらビールを飲む事で日々のストレスを発散させ、子ども達は「俺たちが原辰徳を応援しないで誰がやるんだ」と妙な使命感に燃えてテレビの前で声を枯らして絶叫したものです。

成績

安打打率本塁打打点
1675279441522

タイトル

タイトル 回数
打点王

1回 (1983年)

最多安打10回 (1958年 – 1963年、1966年、1968年 – 1969年、1971年)6年連続・通算10回は共に日本記録。当時連盟表彰なし。
新人王1回(1981年)
MVP1回(1983年)

他球団での4番は?

阪神タイガースのファンからすると、こちらも人気がある「4番サード掛布」の響きが印象に残っているのではないでしょうか。
中西太、有藤道世、掛布雅之、落合博満、江藤智、石井浩朗、小久保裕紀、中村紀洋ですね。

掛布だけが左打者ですね。
また、松井も星陵では4番サードですし、漫画『キャプテン』の谷口もそうです。

サードは魅力的なポジションか?

サードは守備は単純ですが、飛んでくる打球は速い打球が多いです。
これは右バッターが引っ張る(サード側に打つこと、左打者ならファースト側)から飛び込むことも多いからです。また、バントのぼてぼての打球にも対応して、アウトにしなければなりません。そこでいかに捕ってからすばやく投げるか、サードはファーストから遠いのでファーストに速い球を投げれるかです。

まとめ

ただ、長嶋さんがいなければ、「四番サード…」という言い方は存在していません。長嶋さんは、戦後の日本人を代表する存在なのは間違いないでしょう。