【巨人】吉川 尚輝は仁志敏久になれるか!!セカンドの守備力はほぼ同じ?

ジャイアンツの最大の課題であるセカンドについて述べてこうかと思います。代表的なセカンドであった仁志敏久選手を振り返ってみましょう。

プロフィール

仁志敏久氏のプロフィールです。

出身地茨城県古河市
生年月日971年10月4日
年齢46歳
身長171 cm
体重80 kg
高校

常総学院高等学校

大学早稲田大学
社会人日本生命

常総学院→早稲田大学→日本生命と野球エリートですね。

高校時代

仁志敏久は、茨城県うまれであり、甲子園で名門であり、地元の常総学院高校では1年生からレギュラーを務め、エースの島田直也とともに同校の初出場で準優勝しました。甲子園では、ランニングホームランもうっているんでるよね。3年連続で出場。高校通算28本塁打を打ちました。とにかく有名な選手でしたね。

大学時代

早稲田大学では、主将としてチームを君臨し、高校と同じで遊撃手として活躍しました。4年の六大学春季リーグではシーズン6本塁打を記録するなど活躍します。結果として、ベストナインを3回獲得しました。早慶戦史上初のサヨナラ満塁本塁打は衝撃的です。リーグ通算79試合出場、280打数91安打、打率.325、11本塁打、40打点です。

1995年のドラフト会議で、逆指名を受けてジャイアンツに入団し、前年に引退した原辰徳の背番号「8」となる。原の大ファンであった仁志は大きく、喜び「自分も引退試合をしてもらう選手になりたい」と感じるようになりました。そもそも仁志はジャイアンツしか興味がなく、プロ野球選手にはまったく興味がなかったため、遅めプロデビューとなっています。

巨人時代

1996年

三塁手としてデビューし、打率.270、7本塁打、24打点を記録し、セ・リーグ新人王受賞を獲得しました。日本シリーズではチームは敗れ日本一を逃したものの敢闘賞を受賞しました。

1997年

二塁手に転向します。同年は打率.242と前年より下がりましたが、10本塁打、39打点と本塁打と打点は前年より上がりました。土井正三の熱心な指導もあり、二塁手としての地位を確立し引退後も土井正三に感謝していると話をしております。

1998年

106試合に出場し、打率は2割7分台.ホームランは11本塁打でした。セカンドでの守備が向上した年でした。

1999年

打率.298を記録しました。そのうえ、守備では、初のゴールデングラブ賞を受賞しました。

2000年

打率.298を記録しました。本塁打も20本をマークし、他の球団であれば3番バッターですね。

2001年

1999年から4年連続で ゴールデングラブ賞を二塁手として受賞、巨人の二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞したのは、仁志が最後です。

生涯成績

仁志敏久選手は、小柄でありながら、筋肉質のためパワーがあったため、ホームランすうが多いですね。

打率ホームラン打点
268154541

巨人時代を振り返り

過去にジャイアンツでも、3割で20本のホームランが打てるセカンドがいるのです。篠塚と同じで、セカンドはバッティングも良かったです。ゴールデングラブ賞も4年連続取得し、セカンドを主とする巨人の選手で、通算100本塁打を超えたのは仁志しかいません。

松井や清原、由伸が居たたため、脇役のイメージが強いですが、他の球団に在籍してなくてよかったと思えるバッターです。

セカンド論

仁志は、「良い二塁手」の条件として「送球を考えて、あらゆる打球を捕球できること」でした。

難しい打球をいかにアウトにするか。そのための選択肢の多さが良い二塁手といいます。確かに、仁志は広島の菊池涼介のように華麗な守備ではなかったです。

ただ、「今なぜそこに居座っているのでしょうか」のという、普通にプレイしているように見せて、ポジショニングの上手さには驚きが多かったです。特に、送球を考えた体勢で捕球することを最も意識していたとのことです。

仁志敏久は今なにしてるの?

晩年は、横浜に移籍したのは有名かもしれませんが、実はアメリカ独立リーグにも挑戦しているのです。2010年に38才にして、アメリカへ渡り31試合に出場するも、同年6月現役引退を表明しました。

また、引退セレモニーは日本で巨人横浜選で行われました。巨人への入団時には、引退セレモニーを

行われるような選手になりたいとお話をしていましたから、さすがの人気と実績でしたね。

引退後は、解説者で見ることもありますが、侍ジャパンのコーチもされてましたよね。東京ドームでのユニホーム姿を見たときには感激しましたね。小久保選手とも大学時代から、全日本であったり、共にしたなかなので、当然の選抜であったのでしょう。

吉川尚に関するトピック

こんにちは、管理人のよしです。 巨人のイケメンと言えば、 巨人のイケメンといえば、小林選手や坂本選手、陽選手なのが有名ですが、 吉川尚...
こんにちは、管理人のよしです。 亜細亜大学って大阪桐蔭の田端・近田選手も入部即退部してたり 常葉菊川の四番打者も辞めましたよね? また...
こんにちは、管理人のよしです。 岡本和真と吉川尚って今年の巨人戦を楽しませてくれている二人ですよね。球場やTVでも応援歌や登場曲が耳に残る...
こんにちは、管理人のよしです。 ゲットスポーツ「吉川尚輝 23歳 常勝軍団 復活のキーマンへ」で吉川尚輝選手のセカンド守備を直す様子をやっ...
こんにちは、管理人のよしです。 2016年度のドラフトではよく比較された2人ですが、昨年は京田はシーズンを通して、ショートを守りつつけまし...
ジャイアンツの最大の課題であるセカンドについて述べてこうかと思います。代表的なセカンドであった仁志敏久選手を振り返ってみましょう。 プ...

仁志を目指せ

巨人にセカンドが居ないと言われ、何年たつのでしょうか。クルーズや西武からFAで獲得した片岡など補強をしているのですが、この10年セカンドを固定できていません。

ここにきて、セカンドでレギュラー候補に吉川尚輝と山本泰寛がいます。正直なところ、どちらがレギュラーをとるか分からないです。どちらも、ポテンシャルが高いので、来年で勝負つけほしいですね。