人気1位Kinki_kids!『Topaz Love』 の歌詞の意味は?

12月NHK総合で放送されたドキュメンタリー「SONGS」で初披露された『Topaz Love』を、25日放送されたCDTVにて、またもや見事に歌い上げました。

これは、TwitterHOTワード&有名人ランキング1kinki kidsが上がるほど評判がありました。

かなり良い曲ですし、確実に売れますね。久々にファンだけではなく、一般層にも受け入れられるかもしれません。

また、何よりすごいのが「作詞 堂本剛、作曲 堂本光一」です。ジャニーズのアイドルでは事例がない状態ですね。

スポンサーリンク

ニューシングル発売

今年は、25周年だからかっ飛ばしていると思いましたが、なんと来年も頑張ります。

Topaz Love を、1/24 にニューシングルとして発売します。日本テレビ系列のアニメ『タイムボカン逆襲の三悪人』のタイアップソングです。初回盤BにはソロバージョンのDESTINYも収録されている。あの「愛のかたまり」と同じ布陣での発売です。

曲ができたきっかけ

「Topaz Love」はKinKi Kidsの音楽制作に縁深いシンガーソングライター堂島孝平から「また2人の合作やろうよ」と背中を押されてたとのことです。

そして、夏のイベントの際、光一の希望で急きょ剛が詩の一部を書きました。完成形は剛自身の今の姿も反映させつつ、光一の作曲時のイメージ「10代の女の子の、ちょっと甘酸っぱい恋愛」も感じさせる仕上がりで、「二人にしか作れない、そして歌えない曲」になりました。堂本剛が持つ難聴に触れるような言葉の数々があり、とても胸に響く楽曲です。

また、自信は最後のDメロだといい、「もともと予定にはなかったんですけど、作りながら『2人だからこそできる手法を入れたいな』という気持ちになって。刻むほうとゆったり歌うほうの掛け合いになっているんですが、きれいに仕上がったなと思います。詞もいいし」と剛の詞を褒めるなど、作品の仕上がりに自信をのぞかせています。

“20周年の記念に”との意気込みは特になかったそうだが、結果的には「20周年の節目に生まれた忘れられない1曲になりました」といいます。

スポンサーリンク

一般の声

インターネットでの評判は、ファンだけでなく一般層にもいつになく人気です。

・KinKi Kidsのファンじゃないけど Topaz Loveめっちゃいいやん 愛の人 待っていての所とか光一さん宛てでありファン宛てみたいだし 歌詞全体もなんだか昭和歌謡のような趣きがある けど曲が平成的なものがあって とにかく堂本兄弟の合作は良いですね。

・キンキのTopaz Loveがめっちゃ良くて作詞作曲誰か調べたら剛くんと光一くんやん!しびれた!

・そうだよねぇえ。KinKiって言えばファンの方じゃなくても愛かたイメージ強いみたいだけど、Topaz Loveも同じくらいの名曲になってほしいな

そもそもKinkikidsの楽曲はファンでない方でもカラオケでよく歌うんですよね。歌やすいというのもありますが、メロディーがよく自分が歌がうまいと錯覚してしまうところがあると思います。ただ、剛の歌声には勝てるはずもありません。

堂本光一・剛の主な共作曲一覧作の曲は

これまでに、堂本光一・剛の主な共作曲一覧は9曲あるんですね。それも作詞作曲それぞれ交互にうたっているのが、このkinki_kidsの魅力になっていると思いますね。

「好きになってく 愛してく」(2004年1月、シングル・アルバム「The BEST」収録)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:武部聡志

「愛のかたまり」(2001年11月、シングル「Hey! みんな元気かい」・アルバム「39」「Ballad Selection」収録)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:吉田健

「5×9=63」(2002年10月、シングル「solitude~真実のサヨナラ~」初回盤収録)
作詞:KANZAI BOYA RED(堂本光一)
作曲:KANZAI BOYA BLUE(堂本剛)
編曲:知野芳彦

「恋涙」(2005年11月、アルバム「H album –H・A・N・D-」・アルバム「39」収録)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:石塚知生

「futari」(2006年12月、アルバム「I album –iD-」収録)
作詞:堂本光一
作曲:堂本剛
編曲:吉田健

「Music of Life」(2007年7月、アルバム「39」収録)
作詞:堂本光一
作曲:堂本剛
編曲:吉田健

「銀色暗号」(2007年11月、アルバム「Φ(ファイ)」「Ballad Selection」収録)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:吉田健

「Family~ひとつになること」(2010年12月、シングル・アルバム「Ballad Selection」「The BEST」収録)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:吉田健

「Topaz Love」(2018年1月、シングル)
作詞:堂本剛
作曲:堂本光一
編曲:堂島孝平

スポンサーリンク

2018/1/20追記

柳楽優弥がMVに出演していることが明らかに

柳楽は10日、KinKi Kidsの新曲「Topaz Love」のMVに出演していることが明らかとなりました。実は妻である豊田エリー(29)の影響でKinKi Kidsの大ファンであり、特に堂本剛(38)が「僕はね…堂本剛さんが大好きなんです」と公言しています。また、豊田エリーが初期からCDを全て揃えるほどであるにも関わらず、その影響で「本当にKinKi Kids好き、とか堂本剛さん好き、って言ってる人たちと同じくらいの知識量はある」と自負しています。共演した剛の魅力については、「カリスマ性みたいな魅力がダダ漏れ」と語っています。男性俳優にもカリスマ的存在である堂本剛もかっこいいです。

双方のファンからは熱狂的な声が上がっています。

「キンキさんと柳楽くんとか向かうところ敵なしなタッグ」

「夫婦ともどもキンキファンの柳楽くんが出演してくれるなんて最高すぎる」「Topaz Loveがさらに無敵の楽曲になった」

「柳楽くんの奥さんも大喜びなお仕事だったろうなぁ」

まとめ

2018年は、再び休み始めてテレビで見る機会が少なくなると不安に感じていたファンも多数いました。だが、その不安を払拭するような明るい話題であり、素晴らしい楽曲です。期待して待っています。

スポンサーリンク