藤浪晋太郎と大谷翔平の差・仲良し?大谷・藤浪世代もすごい

こんにちは、ヨシラバーです。

 入団前の大谷翔平は、甲子園で春夏連覇を達成した藤浪晋太郎(大阪桐蔭→阪神)に比ても、甲子園未勝利を理由に「勝負弱さ」を指摘され、「実戦向きではない」という声も囁かれていた。

それがプロに入団し、立場が逆転してしまった感があります。

藤浪 晋太郎のプロフィールは?

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1994年4月12日(24歳)
身長 197 cm
体重94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト1位
初出場 2013年3月31日

大谷翔平のプロフィールは?

出身地 岩手県奥州市(旧水沢市)
生年月日 1994年7月5日(24歳)
身長
体重 6′ 4″ =約193 cm
203 lb =約92.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手、外野手
プロ入り 2012年 ドラフト1位

大谷翔平と藤浪 晋太郎の甲子園は?藤浪のほうが輝いた甲子園

 大谷は岩手・花巻東のエースで4番打者、藤浪は好選手がひしめく大阪桐蔭のエースでした。

 ともに全国に名をとどろかせたスーパー球児だった。

 ただ、甲子園大会に関する限りは藤浪の“圧勝”だった。

 大阪桐蔭は2012年の春夏大会連覇を果たしたが、花巻東は同年春に1回戦で敗退。夏は岩手大会決勝で盛岡大付属に敗れて甲子園へ進めなかった。

この藤浪率いる大阪桐蔭は、甲子園の歴史のなかでももっとも強豪でないかといわれるほどのチームであります。

大谷翔平と藤浪 晋太郎はなぜ差がついた?

 器の違い、野球という求道に対するスタンスの違いだと思います。

 藤波が楽しそうに野球をしているという話を聞いたことがありません。

 大谷は誰のためでもなく自分のために野球をしています。そして自分の野球力を高める為に努力を惜しまず、その努力を結果に結びつける。それが傍から見て楽しそうに見える所が大谷の凄い所でしょうね。

大谷翔平と藤浪 晋太郎は仲良し

二人がスポーツジムで一緒にトレーニングしているところを目撃されたり、メールをよく頻繁にしている情報とのことです。

高身長でモデルにすら勝てる二人のスタイルが一緒に遊んでいる姿をみれば誰もが一目瞭然でしょうね。

大谷・藤浪世代には、鈴木誠也・吉川尚・西川、

松坂世代やハンカチ世代・マー君世代などいわれることがありますが、この大谷・藤浪世代も注目を浴びています。

ピッチャーでもバッターでもすでにプロで実績を残している選手たちが多いのです。

特に広島の鈴木誠也が際立っていますね。常勝カープの4番ですからね。

<投手>
▼ 柳 裕也(中日):1994/04/22

▼ 浜口遥大(DeNA):1995/03/16

▼ 中尾 輝(ヤクルト):1994/09/14

<野手>
▼ 京田陽太(中日):1994/04/20

▼ 吉川尚輝(巨人):1995/02/08

▼ 西川龍馬(広島):1994/12/10

▼ 鈴木誠也(広島):1994/08/18

▼ 田中和基(楽天):1994/08/08

▼ 田村龍弘(ロッテ):1994/05/13

他のスポーツでも競泳の萩野公介、瀬戸大也、柔道のベイカー茉秋、フィギュアスケートの羽生結弦、田中刑事、サッカーの浅野拓磨、中島翔哉、南野拓実、植田直通、卓球の丹羽孝希など活躍している選手が多数います。

まとめ

大谷君は1年目で大リーグでホームランを20本超える四番バッターとして成長しました。ピッチャーとしてはどちらも苦戦しているようです。

藤浪選手にはもっとポテンシャルがあると考えています。

阪神というチームがあわないのであれば、大リーグやトレードで別のチームをさがしてみるのもいかがでしょう。