【巨人】岡本和真の怪我2018は?復帰はいつになる?

こんにちは、ヨシラバーです。

岡本和真が右手にデッドボールを受け、病院に行くこととなりました。

twitterでは怪我で骨折かといわれていますが、いったい状態はどうだるのでしょうか。

夜には結果は報道されていませんね。

吉川尚の場合は当日に発表されましたが、ヤングマンは後日でしたので、心配でなりません。

岡本和真がデットボールで怪我となり負傷

岡本和真内野手が八回、右手にデッドボールを受けた。

このことが発端となり、DeNA3番手のパットンが退場処分になるという波乱の事態となった。一度はプレーに復帰した岡本にも代走が送られ、病院へ向かうことになりました。

岡本和真の復帰は?

骨折ではなく、すぐ復帰することを期待しています。129試合に出場し、31本塁打、94打点、打率・314であり、22歳以下のプロ野球選手の100打点の史上初記録を残す寸前です。

追記9/15

巨人・岡本が15日、DeNA戦で「4番・レフト」でスタメンオーダーに名を連ねました。

この日は、試合前練習に参加し、外野でノックを受けた後、室内練習場で打撃練習。「大丈夫です。大丈夫です」と話していました。

本当によかったですね。松井秀喜もけがをしなかったので同じようになってほしいです。

岡本和真の2018年の記録は下記のとおりです。

こんにちは、ヨシラバーです。 岡本の30本ホームランのメモリアルアーチは、甲子園のバックスクリーン近くのライトへ右打者で届く怪力の力を見せ...

ベイスターズのパットンがクレーム!海外へ帰れ?

騒ぎはここで収まらなかった。岡本がスイングをしており空振りではないかと主張するパットンが見るからに興奮し始めました。

DeNAのラミレス監督が「デッドボールがあったかどうか」のリプレー検証をリクエストするも、ボールが当たっていることは確かだったため、そのまま岡本は出塁します。

納得のいかないパットンはグラブをたたきつけ、審判団にクレームをつけた。

この態度をみてると、巨人の4番に骨折をさせた重さをかんじていませんね。頭に来ますが、、、

まとめ

まだ、怪我の結果はでていません。坂本勇人が戻ってきましたが、岡本和真まで怪我をしてしまったら、今年はもう終戦の気がしてなりません。