東京ラブストーリーで話題!おでん女とは?関口さとみとは?

東京ラブストーリーの再放送が東京で放送中です。再放送で何度か見た世代なので懐かしい気持ちです。

「おでん女」というキーワードが話題沸騰中の様子。

東京ラブストーリーとは?

1991年に放送されたドラマ。地方から上京した優柔不断な会社員「永尾完治、カンチ」が主人公。同僚のツンデレ帰国子女「赤名リカ」と昔片思いをしていた親友の元彼女であり清楚風な高校の同級生「関口さとみ」の間で揺れ動くラブストーリー。有森也実、織田裕二、鈴木保奈美が出演。

時代背景は?

1991年はバブル絶頂期。ジュリアナ東京の流行、都庁移転などがありました。学校ではスーパーサイヤ人ごっこが流行しました。ちなみにジャイアンツの成績は()

人物相関図

ツイッターユーザーの方がパワポの図にまとめてくださっています。

てかまともな人がいない??

リカは上司と不倫、さとみは友達の三上くんと同棲してるし…まともな感性の男性ならどちらとも付き合いたくないですね。

おでん女とは?

NHKの“半分青い”ではこう語られていました。

ここぞというときにおでんを持ってきて、カンチをリカに会いに行かせない女

おでん女=関口さとみ

関口さとみは家庭的な料理の象徴である「おでん」をエサに男性を翻弄していました。

三上と交際し女グセが許せず別れ、2番目に良いと思っていた彼女持ちの主人公の優柔不断男を「おでん持ってきたよ」「(彼女との約束に)行かないで」「(彼女がいるのは知ってるけど)好きなの」リカから主人公を奪った手腕は世の中の女性の反感を買いました。

第9話が見どころ

話題のシーンがあるのは第9話。

話したい事があると自分からリカへ約束を取り付けるカンチ。身支度をするカンチの元にチャイムが鳴る。ドアを開けるとさとみ。

さとみ「これ……この間約束してたでしょ、おでん♡いきなり持ってくるなよ
カンチ「あー」
さとみ「作ってきたの。食べて♡」
カンチ「あ、ありがとう」
さとみ「永尾くんの好きな具聞くの忘れたから、色々入れてきちゃった♡」

時計を見るカンチ。わざとらしく驚くさとみ。

さとみ「あれ、なんか約束してた?」
カンチ「うん…」
さとみ「タイミング悪かったなちっともそう思ってない
カンチ「行かなきゃ…」
さとみ「うん!うぜえ
カンチ「せっかくきてくれたのに」
さとみ「ううん!全然!」

カンチ「駅まで送るよ………どうした?」
さとみ「嫌……行かないで…好きなの」
カンチ「もう…これ以上…あいつ傷つけるわけには行かないんだ…関口」
さとみ「ごめんなさい…私何言ってるんだろう」

自宅を出ようとするカンチ

さとみ「でも…行かないで は???????

約束の時間が過ぎる。リカ待ちぼうけを食らう

カンチ「約束の時間過ぎた。もう行かない。ギュッ」

なんでやねん。アポを取ったのはカンチやん。頭おかしい。

まとめ

ジャイアンツのおでん男といえば山口俊。