金足農・吉田輝星のストレートの球速は?父へ念願の甲子園をプレゼント

今大会ナンバーワン投手の呼び声が高い金足農・吉田輝星投手の紹介です。得意玉はストレートであり、漫画見たいといわれています。

勝手に吉田くんと呼ばせて頂きますが、どんな選手なのでしょうか。

吉田輝星のプロフィールは?

名前:吉田輝星(よしだ こうせい)
生年月日:2001年1月12日
出身:秋田県潟上市
身長:175cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、弟
経歴:潟上市立天王小学校→潟上市立天王中学校→金足農業高校

小学3年生からスポーツ少年団「天王ヴィクトリーズ」で、軟式野球を始めました。

中学時代は、軟式野球部に所属。
中学3年の夏には、県大会ベスト4の実績を残し、潟上市中学選抜入りも果たしています。

吉田輝星のプレイスタイルは?

最速150km/hのストレートを投げ変化球は、スライダー、カーブ、スプリットを放ります。

吉田輝星は桑田真澄や田中将大の完成度

左腰、左肩が開かず、踏み出した左足にしっかり右腕が巻き付いてくる。下半身から得たパワーが一塁側や三塁側に力が逃げるのではなく捕手のミットに一直線に体全体が向かうイメージだそうです。

吉田輝星のストレートは実測より速く見える

実測では、146キロくらい。球速だけでいったら、そんなに変わらないんですけど、今までのピッチャーとはボールの伸びが違うようです。

150キロ投げるピッチャーよりボールの伸びがあり、とても早くみえるようです。

吉田輝星の父は?

野球部OBで、投手だった父・正樹さんの背中を追って、金足農業高校に進学しています。
正樹さんは、シドニー五輪柔道金メダリスト・井上康生氏にひかれ、「輝星(こうせい)」と命名したそうです。

正樹は、2年連続で決勝に進みましたが、負けてしまい、甲子園にはいけませんでした。

だが3年で甲子園にいくことになり、父は下記のように喜びをコメントしています。

「(私の)夢をかなえてくれた。本当にうれしい。本人はもっと高ぶっていると思っていたけど、リラックスしていたので安心して見ていられた」

まとめ

最速150キロ以上をなげ、それより打者から早く感じるボール。まさに漫画ですね。

ドラフトでも上位で指名されるでしょうね。