【阪神】西岡剛の戦力外通告・退団!引退でなく移籍へ!

こんにちは、ヨシラバーです。

阪神西岡剛内野手が約4カ月ぶりに1軍に昇格しました。

非難が多い選手ですが、今季5月18日に打撃不振により2軍に降格して以来となります

以前のような活躍できるのでしょうか。

西岡剛のプロフィールは

出身地 大阪府大東市
生年月日 1984年7月27日(34歳)
身長
体重 182[1] cm
81[1] kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手、外野手
プロ入り 2002年 ドラフト1巡目
初出場 NPB / 2003年6月23日
MLB / 2011年4月1日

西岡剛の怪我との闘いで引退まで考えた

2016年は?

7月20日の対巨人戦(甲子園)2回裏2死3塁からの打席で安打(同点適時打)を放って一塁へ向かう際に転倒。自力で起き上がれないほどの重症だったことから、そのまま交代して病院へ向かったところ、検査で左アキレス腱の断裂が判明しました。

 一時は現役からの引退を決意したが、7月26日に患部の縫合手術を受けました。

2017年は?

8月 23日の対ヤクルト戦(神宮)5回裏に三塁走者としてロジャースの三塁ゴロで本塁へ突入した際に、走路上にあったロジャースのバットを避ける目的で跳び上がった直後の着地で左踵を打撲。

 打撲自体は軽症だったが、前年に断裂したアキレス腱への負担を憂慮する首脳陣の方針で、2軍に降格となりました。

西岡剛は引退に関して

「本当に『やーめた』って完全に切れたんですよ。3年連続の怪我で、アキレス腱は復帰に1年を要するだろうと言われた。球団やファンに対して申し訳なく思ったり、僕の中でいろいろな思いがよぎって、自分から身を引いた方がキレイかなって一瞬思ったんです。

 そんな時、球団から最初に『頑張って復帰してくれ』って言われたんです。プロ野球選手である以上、求められなくなればユニホームを脱がなければならないし、プロ野球でプレーしたくてもできない人もたくさんいる。球団の言葉がうれしかったですね。そこから、野球から1回完全に切れてしまった心をつなぎました」

西岡剛の2018年は?

 2018年、首脳陣が遊撃手への本格復帰構想を立てたことを背景に、春季キャンプで正遊撃手の座を糸原健斗と争ったが、キャンプ後のオープン戦では二塁や左翼の守備も経験となりました。

  2年振りに開幕一軍入りを果たしましたが、開幕後は二塁のスタメンや代打を中心に起用されたが、一軍公式戦18試合の出場で打率が.152にとどまるなど振るわず、5月18日付で出場選手登録を抹消されました。

西岡剛の2018年の2軍での活躍は?

2軍では39試合に出場し、打率.256、出塁率.396の成績でした。

矢野2軍監督は、「アイツ(西岡)が(2軍に)居てくれて助かったし、アイツしか出せないものがある」とはなしています。

2軍にいる選手ではないとは思いますが、チャンスでは強い成績をのこしていたのでしょう。

残るは一軍でも名誉挽回ですね。

西岡剛が阪神から戦力外通告

西岡は12年オフに阪神に入団し、今年で移籍6年目。今季はここまで23試合に出場し、38打数5安打の打率・132、0本塁打、1打点の成績に留まっていた。

「今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に戦力外通告を受けました」と明かし、「来年もプロ野球選手として甲子園の土を踏める事を一つの目標として頑張ります!」

現役は続行するようですね。

阪神タイガースの西岡剛グッズをレアになる前に手に入れよう

オリジナル応援ユニフォームで差をつけろ!西岡 剛 ヒッティングマーチ(応援歌)ワッペン!

阪神タイガース レプリカユニフォーム 西岡 剛 

まとめ

怪我を多く経験し、スピードスターといわれた西岡はいないかもしれません。それでもベテランとなる選手はみんなが経験すること。

今までの苦労をばねにどうとびぬけるか、それとも引退してしまうのか気になるところですね。