【巨人】二岡智宏の去就は2019?原辰徳との関係など

高橋由伸監督が巨人を去ると二岡智宏コーチはどうなるのでしょうか。ファンからは井端と二岡が去るのは耐えられないという声が出ています。

二岡智宏とは?

プロフィール

現役時代は打撃の名手と言われていました。

出身地 広島県三次市
生年月日 1976年4月29日(42歳)
身長体重 180 cm 81 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、三塁手、一塁手
経歴 広陵→近畿大学→巨人→日本ハム

岡本和真を覚醒

岡本「二岡コーチのおかげ」

岡本和真が2018年覚醒した理由として由伸が使い続けたことの他に二岡コーチの二人三脚の指導があります。

華麗な打撃に岡本呆然

吉村コーチも絶賛するほどの打撃センス。右打者のお手本として来年も見たいですね。

「二岡はいい打ち方だなと思った。チームが岡本に求めているものは何かということ。セカンドの頭を越えてヒットを打つよりも、チームが求めているものに近づけるためにやりました。二岡は同じ右であれだけいい打ち方をしている。何か岡本にヒントになることはないか、という話をしてこうなりました」

 巨人の二岡智宏打撃コーチ(41)が10日、現役時代さながらの美しい打撃を披露した。 宮崎秋季キャンプ第2クール3日目、サンマリンスタジアムで行われた打撃練習の途中だった。ロングティー打撃を自ら打ち、岡本和真内野手(21【巨人】

原辰徳との関係は悪くない?

以前、二岡はなぜ日ハムへ?という記事を書きました。原監督時代に二岡はトレードされてしまったので不仲だと思う方もいるかもしれませんが。、

yoshilover.com/post-4218/

原辰徳「二岡は巨人の功労者」

日ハムで現役生活を終えた後の人生は巨人が全面的にサポートしており、原辰徳は「巨人の功労者」と言っており、米国へのコーチ留学も巨人のバックアップで実現したようです。

第二の野球人生は、古巣の巨人が強力サポートする。原監督が「二岡は巨人の功労者だ」と語るなど、移籍後も高く評価しており、05年に岡崎(現2軍監督)、06年に後藤(現2軍打撃コーチ)、11年に大道(現ソフトバンク2軍打撃コーチ)が派遣されたヤンキース傘下のマイナー球団で2年間、コーチ修行をする方向で話が進んでいる。

日本ハム・二岡智宏内野手(37)が今季限りで現役を引退することが7日、分かった。卓越した打撃センスと堅実な守備で巨人時代は遊撃のレギュラー、日本ハムに移籍後は代…

まとめ

巨人に人生を操られてしまっている感がありますが、2019年も引き続き在籍してくれる気がします。

ベンチから由伸とともにあの笑顔が消えてしまうのは耐えられません。岡本和真とともに歩んでいって欲しいです。