【ヤクルト】村上宗隆の2軍の評価・成績は?阿部や松井レベル

こんにちは、ヨシラバーです。

村上 宗隆は、抽選で清宮幸太郎を外したヤクルトスワローズとジャイアンツと楽天ゴールデンイーグルスの3球団が競合し、ヤクルトに入団した大型内野手です。

村上 宗隆のプロフィールは?

出身地 熊本県熊本市東区
生年月日 2000年2月2日(18歳)
身長 188 cm
体重 97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
初出場 2018年9月16日

兄の影響で小1で野球をはじめ、小4から詫麻南小野球クラブに所属し、ポジションは遊撃手、投手、捕手。中学時代は熊本東リトルシニアで捕手。

 九州学院では1年春から「4番一塁」でレギュラーを務め、県予選初戦の初打席で満塁弾を放っています。1年夏に甲子園出場し、高校通算本塁打数は52本を残しています。

背番号「55」は巨人やメジャーで活躍し日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏のように育ってほしいとの願いで託されました。「燕のゴジラ」とまでいわれています。

ドラフト時の評価は?阿部慎之助?

ヤクルトの小川監督はかきのようにコメントしています。

「左でも右でもホームランバッターはなかなか出ていない。こういうバッターが出てきた時には行こうと。守備よりも打つ方の評価が高い。(村上は)左バッターでも清宮は抜けていたが、履正社・安田を含めて抜けていたという評価。イメージするところは阿部慎之助になるかな」

村上 宗隆の2018年のルーキーの活躍は?

高校通算52本塁打の実績を引っ提げ入団し、打力を生かすべく捕手から三塁手に転向します。

 2018年、4月終了時点で、イースタン・リーグにおいて、28試合で4番三塁手として先発出場し、打率.311、3本塁打、20打点という成績を残しています。

 6月には打率.315、6本塁打、14打点、7盗塁で月間MVPを受賞したが、ヤクルトの高卒新人が月間MVPを受賞するのは2011年の山田哲人以来のことです。

9月16日にプロ初打席初ホームラン

「6番三塁」でプロ初スタメンしました。1回表の守備では、広島の1番野間の三ゴロを一塁にワンバウンドの悪送球でプロ初失策を記録した。

ただ、その試合で挽回するため、プロ初打席で初本塁打を放っています。右翼への弾道を確認すると本塁打を確信して歩を緩め、右手の人さし指を夜空に突き上げていました。

まとめ

どのチームもうてるキャッチャーがほしいところですが、それでもバッティングセンスを伸ばしてほしいと考え、ヤクルトはサードに転向させました。

その結果、どのような選手になるか楽しみです。