【元巨人】元木大介の甲子園スターの記録・成績は?

元木大介さんは、TV番組などではおちゃめな姿を見せたりと、タレントと思っている人もいるかもしれません。ただ、読売巨人軍でのレギュラーであったり、甲子園のアイドルでした。

当時はその端正なマスク、スターと言われた外見とは裏腹に、唐突な発言の連発でチームの人気者となりました。

元木大介のプロフィールは?

出身地 大阪府豊中市
生年月日 1971年12月30日
身長180 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手、外野手
プロ入り 1990年 ドラフト1位

3年次の甲子園で元木大介はアイドルになる

3年時の夏は大フィーバーで、大阪大会や甲子園練習には女性ファンが殺到。

開会式当日、出場校は球場の外で待機することになっているが、混乱を避けるために上宮だけ隔離されるという異例の措置も取られました。

元木大介の甲子園での記録は?

上宮高校で甲子園に3回出場。

高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)

元木大介はあまりの人気にイチローも元木にあこがれる

この動画をみるとわかりますが、イチローがなんだかんだ元木をリスペクトしているのがわかります。

まとめ

今は日本代表の少年野球の監督を務めるなどして、野球界への恩返しをはじめている元木。あのイチローや松井にため口ではなしている姿をみると違和感を感じますが、甲子園ではスーパースターだったのです。