【DeNA】三浦大輔が投手コーチへ!現在のハマの番長は?

 こんにちは、ヨシラバーです。

 三浦大輔が、コーチに復帰しそうです。

 今永、石田らの能力だけでなく、性格面も熟知しているますのでうってつけの存在といえますね。

三浦 大輔のプロフィールは?

出身地 奈良県橿原市
生年月日 1973年12月25日(44歳)
身長 183 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト6位
初出場 1992年10月7日
最終出場 2016年9月29日

横浜一筋の25年間、先発としてチームを支え続け172勝をマークしています。

97年に10勝3敗、勝率7割6分9厘でリーグ最高勝率。

05年最優秀防御率、最多奪三振。

15年にプロ野球記録の23年連続勝利。

16年には投手最長の24年連続安打を放った。

通算535試合、172勝184敗0セーブ、防御率3・60。

三浦 大輔の背番号18はDeNAの準永久欠番

三浦が1998年から19年にわたって着用してきた背番号「18」を「横浜ナンバー」として「準永久欠番」にし、着用にふさわしいとされる選手が現れた場合にのみ、球団と三浦による協議を経て継承を認めるとしています。

三浦 大輔の現在は今は何をしている?横浜DeNAベイスターズのために広告塔

2017年より就任したスペシャルアドバイザーとして球団の標榜する「横浜スポーツタウン構想」に対する地域活動への参加やアドバイスをするという役割を担うこととなり、「野球」、「横浜」、「横浜DeNAベイスターズ」の3つの軸を根幹として活動を展開しています。

三浦 大輔が1軍投手コーチへ!チーム5位の防御率を巻き返しへ

ベイスターズのBクラスが決定しました。

巻き返しに向かい、OBの三浦大輔氏(44)を1軍投手コーチとして招聘(しょうへい)することが分かりました。

 リーグ5位に沈んだチーム防御率4・20が、CS進出を逃す一因ともなった。

 中でも先発陣は安定感を欠く内容が続き、同5位の防御率4・32

 ローテーションの柱と期待されていた今永、石田、浜口、ウィーランドが故障や不振などで精彩を欠いたことが大きく響いた。浮上には、先発投手の強化が急務であります。

DeNAが1試合を残し終戦した。自力でのクライマックスシリーズ(CS)出場がない中、絶対条件の勝利を収めたが、巨人が勝ち4位が確定した。2年連続でチームをCS… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

また、投手コーチだけでなく、打撃コーチも変更の予定です。

打撃コーチも筒香内川多村を育てた田代コーチへ

今季巨人で2軍打撃コーチを務めたOBの田代富雄氏を打撃コーチとして招へいすることも決まっている。

二軍コーチの田代富雄さんがジャイアンツを退団…何があったのでしょうか。 田代富雄さんとは? プロフィール 本塁打30本以上を3...

まとめ

バッターは、ソト、ロペス、筒香、宮崎、神里、梶谷など選手はそろっています。ピッチャーも今永、石田、浜口、そして東がいればAクラスでも間違いないですね。