野球選手が顔・目の下に貼ってる黒いやつ・黒いシールの正体は?

ゲレーロが一軍に復帰してしばらく経ちましたね。「ソローロ」と言われてもホームランバッターは貴重だなと思います。さて、この写真のゲレーロは目の下に黒いものが付いています。野球選手がよくしているこの黒いシールは何なのでしょうか?

アイブラックと言うもの

Wikipediaによるとアイブラックというものらしいです。

グレアを減らすためにスポーツ選手が目の下に付ける黒い防眩・遮光グリースやステッカーのことである。太陽光線やスタジアムの照明下では目の下で反射した光で両眼のコントラスト感覚が鈍り、空中のボールが背景に溶け込んで見えにくくなるため、野球やアメリカンフットボールの選手を中心に使用されている。日本ではアイパッチと呼ばれることがあるが、本来アイパッチ (eye patch) とは眼帯のことである。

日本では「丸佳浩」が多用している

外国人選手がつけている印象が強いですが、日本人選手でもよくつけている選手がいます。丸佳浩がよくつけているようです。このコラムによると、アイブラック着用時の丸は「選球眼が良い」「顔が黄金比になる」そうです。ひどい・・・。

野球選手がデーゲームの際に目の下に付けている黒いアレ。私が初めてそれを見かけたのは1990年代初頭の新井宏昌や石井浩郎といった近鉄の選手の顔であった。それから長らく私はそれを「目の下の黒いアレ」と呼ん…

効果は懐疑的?

日本ではあまりメジャーではありませんよね。実際につけてみた人からすると、効果があるようなないような・・という感じだそうです。

野球選手がデーゲームで目の下に貼っている黒いやつ。本当にまぶしさが軽減できるのか。 (べつやく れい)

まとめ

ジャイアンツは一軍の主催試合はドーム球場で開催するのであまり見ることは少ないですが、こんな効果があるんですね。