清原和博のPL学園高校時代の記録・成績は?ホームランも圧倒的!

こんにちはヨシラバーです。

最近告白という本をだした清原和博ですが、甲子園では打者としてNO1のバッターといっても誰も文句がいわれないほどの成績でした。

高校野球をさらに有名にしたのも清原であり、今回は特別放送にはでるのですが、100回記念のイベントによばれないのは残念なことです。

清原の甲子園時代を振りかえってみましょう。

清原和博のプロフィールは?

出身地 大阪府岸和田市
生年月日 1967年8月18日(50歳)
身長 188 cm
体重 104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1985年 ドラフト1位
初出場 1986年4月5日
最終出場 2008年10月1日(引退試合)

清原和博のPL学年時代入学前!天理高校に行く予定が練習をみて決意

高校は30校ありましたが、天理高校かPL学園かどちらに行くかで悩んでいたが、両校の練習を見学した際に、毎年100人前後の部員を抱える天理高では1年生が球拾いをしているのに対し、PL学園では学年に関係なく同じメニューの練習ができることが決め手となったそうです。

また、清原の母親から幼少のころから言われていて、PL学園の在阪スカウトの方から「小学生時代から目をつけていた。ぜひPLの練習を見に来てほしい」と熱心に勧誘されたりもしたそうです。

清原和博のPL学年時代1年は投手候補だったが桑田真澄の実力をみてあきらめる

 6月ぐらいまで投手の練習をしてたがもうしなくていいと言われたそうです

その後、桑田真澄の傑出した実力を知り、「(桑田には)絶対勝てない」と野手を選んだ(新入部員が最初に集まった際に、清原は名の通っていた桑田を探しその姿を発見すると「なんだ、こんな小さい奴か」と思ったが、実際の投球を見て驚嘆したそうです。

清原和博のPL学年時代1年から4番バッター

全国から精鋭の集まるPL学園野球部にあって1年生から4番に座りエース桑田と共に甲子園に5季連続出場を果たす。1年生の夏に優勝、2年生の春・夏は共に準優勝、3年生の春はベスト4、3年生の夏は2度目の優勝を経験している。

清原和博のPL学年時代甲子園ホームラン記録!甲子園は誰のためにある

  甲子園通算13本塁打を放ち、高校通算64本塁打を記録。3年夏の決勝戦でこの試合2本目、当時の1大会での新記録となる5号を打った際、「甲子園は清原のためにあるのか!」と実況が有名です。

清原和博の甲子園通算記録は?

1年生の夏に優勝、2年生の春、夏は共に準優勝。

3年生の春はベスト4、そして3年生の夏には2度目の優勝を経験しています。

すべての大会でベスト4以上という驚異的ですね。

91打数40安打、打率.440、本塁打13。

甲子園100回記念でも名前を呼ばれない清原和博

2016年2月3日に法律違反の薬物の取締法違反で逮捕され、それ以前にもふくらはぎに刺青を入れた姿が報じられるなど、球界関係者とは絶縁状態にありまうす。

甲子園の歴史を語る上で、欠かすことができない存在であるのですがね。

まとめ

甲子園時の清原和博は放映できても、100回記念の甲子園に清原和博が呼ばれていないのには残念でなりません。