内海哲也の現在は?引退危機を回避し2018復活へ?全盛期の成績は?

こんにちは、管理のよしです。

数年前までの巨人のエースといえば内海哲也選手ですが、近年の成績低迷と共に戦力外や引退かと心配の声が囁かれるようになっています。今年は先発ローテーションへの復活を望むため、記事としてまとめました。

内海哲也のプロフィール

出身地 京都府城陽市
生年月日 1982年4月29日
年齢 35歳
身長 186 cm
体重 95 kg
高校 敦賀気比高校
社会人 東京ガス

高校時代

中学生時代は以外に3番手ピッチャーでしたが、敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目されました。高3夏の予選では、延長10回の末に2-3で敗れ、あと一歩で甲子園出場は果たせませんでした。

プロのスカウトには、「高校生では打てない」と評された落差の大きなカーブと恵まれた体格から投じる角度のついた速球の緩急自在な投げ分けで三振の山を築きました。

ドラフトでは

2000年のドラフト会議では、ドラフト直前に巨人以外からの指名は拒否することを表明しました。ドラフト会議では巨人が単独で3位以降で指名することが想定されましたが、オリックス・ブルーウェーブが1位指名しました。指名直後に監督の仰木彬から電話を受けるなどしたため、一時はオリックス入団に傾いたが、最終的には東京ガスへ進みました。

2003年のドラフト会議で巨人が自由獲得枠で交渉権を獲得し入団しました。

内海哲也の成績や貢献度は?最近まではエース

2006年

4月に高橋尚成が離脱したことで、先発に定着します。スライダーを習得して飛躍の年となり、初完投勝利・初完封勝利を記録するなどチームトップの12勝記録しました。

2007年

初の開幕投手で勝利し、その後も安定した活躍を続け、自己最多の13勝目を上げましたまた、初タイトルとなる最多奪三振を獲得します。そのまま安定した活躍をみせ、

2011年

更なる活躍をみせます。最終戦で、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ、吉見一起(中日)とともに、最多勝を獲得します。

2012年

15勝目をあげて、巨人では左腕投手では史上初となる2年連続で最多勝を獲得しました。防御率は2年連続で1点台との好成績をあげました。

2013年

13勝をあげるも、安定感に欠ける投球となり、エースの座も菅野智之に譲る形となってしまいました。

ただ、下記のように成績をみても2010年代前半では立派なエースだったと言えるでしょう。

内海哲也のエースとしての成績

2010年度の巨人のエースです。最多勝2回は3連覇に大きく貢献しています。日本代表にも選出され、WBCにも2回参加しています。

成績

勝利負け数防御率
128勝96敗3.17

タイトル

最多勝最多奪三振最高勝率
2回1回1回

内海哲也のピッチングスタイルは?球種は?

内海選手といえばやっぱり奪三振でしょう。変化球に空振りしてく相手選手は、記憶に当たらし日ですねスリークォーターという変化球は1品級でした。また、スクリュースライダーカットボールの変化球も投げれます。そして、最速は148キロのストレートとよく切れる変化球で抑えていくのが内海選手のピッチングスタイルでした。

参照元:https://pro.foto.ne.jp/

最近の内海の現在は?年俸など

内海の年俸

都内の球団事務所で契約更改を行った内海哲也投手が、1億円ダウンの1億円でサインしました。(金額は推定)。

一昨年も4億円(複数年契約)から2億円減の2億円で更改しており、2年連続で半減となっております。この評価に、内海は「アピールしなきゃいけない立場です。まずは競争で勝てる体作りをします」「ふがいないし、何も言える材料がない。来年なんとか復活できるように頑張りたい」コメントを残しています。

年齢への衰え

自身の肉体とに衰えを感じつつも、長きにわたりプレーしてきた投手には、トレーニング方法や投球方法などさまざま「引き出し」をうまく利用していました。巨人の先輩である桑田真澄は34歳で防御率のタイトルを獲得し、38歳でメジャーへと渡りました。工藤公康も優勝請負人として日本一へと導き、29年間という長期にわたる活躍をしました。

桑田も工藤も頭が良かったですが、若い頃と同じ感覚でやることはなく今までの「引き出し」をうまく利用し、球の回転数を上げたりの工夫をしてましたね。内海選手も謙虚さが魅力であり、今後も若手からも吸収しようとする意欲もあり、まだまだ成長ができるでしょう。

今年はローテーション復活へ

ここ4年間の勝ち星が7勝、2勝、9勝、2であり、故障に加え年齢により力を奪われつつあるのでしょうか。

今年の内海がプロ野球選手として、まさに正念場であることは間違いないです。今年活躍がなければ、トレードもしくは引退をかけての年になるでしょう。

2018/3/25追記

最近の内海のオープン戦での成績は?

2018年度の開幕ローテーション入りへ首脳陣へ必死へのアピールをしていますが、まだ決定とはいえない状態です。

3月15日 教育リークヤクルト戦

7回から2番手で登板し、2回2失点でした。

3月21日東京ドーム ヤクルト練習試合

内海は直球を軸に攻めて4回2失点

「去年よりも真っすぐに力は伝わっているなと感じた」

「しっかり強いボールを投げられた。調整してまた呼んでもらいたいと思う」

ゴールデンウイークで内海9連戦で先発があるかも?

4月11日、イースタン・楽天戦(熊谷)に先発しました。6回73球で3安打無失点と熱投した。これで12イニング連続無失点。1軍は今月末からの9連戦で先発があと一人必要な状況で、今季初昇格を猛アピールした。三沢2軍投手コーチは「スピードも出ているし、直球がいいから変化球が生きる。ずっといい状態をキープしている」今季は2軍で4登板、防御率1・71と安定しています。

まとめ

去年は2勝と苦戦しましたが、V奪回そして日本一には間違いなく、ベテランである内海の復活が必要です。今シーズンは瀬戸際であり、活躍ができなければ、トレードなんて話もでてくるかもしれません。ただ、巨人以外で投げる内海は見たくないですので、何としでもローテーションへの復活を祈ります。