【東洋大】甲斐野央の159キロはドラフト!巨人・阪神?

こんにちは、ヨシラバーです。

2018年は甲子園100回ということもあり、高校野球の選手がドラフトで評判になっていますが、大学生もまけてはおりません。

とくに東邦大学の甲斐野央の球速には驚かされます。

甲斐野央のプロフィール

氏名:甲斐野央 (かいのひろし)
生年月日:1996年11月16日 (21歳)
出身:兵庫県西脇市
経歴:黒田庄小→黒田庄中→東洋大姫路高校卒業→東洋大学経営学部在学
身長:185cm
体重:75キロ
投打:右投左打
守備:投手

甲斐野央の少年時代

小学3年生から黒田庄少年野球団に入団して、投手となります。

中学では硬式クラブチームには所属せず、軟式野球を続け東播地区で優勝しており、3年秋にKボール全国秋季大会に兵庫県代表として出場、優勝をしています。

甲斐野央の高校時代

 東洋大姫路高校進学後は、1年秋よりベンチ入りをするも、投手としてではなく内野手として試合に出場しています。

2年夏より背番号3を背負いマウンドへあがるようになり、3年の夏は背番号1を背負いエースとしてチームを引っ張りました。同年秋の予選2回戦で7回1失点完投、続く3回戦で8回1失点の好投を披露します。
 

また、控え投手ながら兵庫選抜メンバーに選出され、松本航らと共に2年冬のタイ遠征に参加した。
 

翌3年春に3番・主戦格(チーム最多の3試合に先発)として県3位進出を達成し 3位決定戦・加古川北高戦(4対2で勝利)で、8回6安打9三振無失点の力投を演じている。

甲斐野央は高校時代プロから声がかからなかったのか?

 阪神、ヤクルトなどスカウトからも注目されたが、プロ志望をせず東洋大学への進学を選択しました。

甲斐野央はとにかく球速が早い!沢村拓一の記録を超えた

 メジャー球団のスカウトのスピードガンで計測された159キロが最速でありましたが、神宮での表示は155キロがMAXでした。

 東都リーグでの過去最速は10年に中大・沢村拓一(巨人)が出した157キロです。

 甲斐野は今春のオープン戦で最速157キロを出したことがあります。「神宮のスピードガンでは155キロが最高。自分としてはそれが自己最速の意識」と控えめでした。

 「普段スピードは意識していませんが、今度はできれば神宮のスピードガンで出したい」と、正真正銘のリーグ史上最速も頭の片隅に置いた。

それが、28日、大学日本代表7-3高校日本代表に大学日本代表の7番手として九回から登板し、1回無安打無失点の好投し、最速158キロを計測し、高校生打線を子供扱いした。

甲斐野は下記のようにコメントしています。

「今まで(神宮球場で)出たことがなかった。3キロ上がってよかったです。奇跡の1球かもしれませんけど(笑)」

甲斐野央のドラフトは?阪神?

阪神タイガースの金本監督は投手不足を憂いています。

「明らかに先発投手の数が足りていない。3年連続で野手を“1位指名”しているし、そろそろ投手も獲っていかないといけない」

そこで、159キロの速球をなげる甲斐野をドラフト1位で獲得するのではないかと言われています。

甲斐野央のドラフトは?巨人?

また、巨人・吉武スカウトは「体が強いし、エンジンが大きい」と話しています。

まとめ

ボールの速さは天性のものです。磨いていも努力をしてもできるものではないです。それが神宮で158キロをだしています。

これはドラフト1位候補ですね。