【ソフトバンク】甲斐拓也のキャノンやバズーカの意味は?育成の星

こんにちは、ヨシラバーです。

甲斐拓也は甲斐バズーカでありったり、甲斐キャノンであったりしますがなぜでしょうか。

育成の星であり、千賀とともにソフトバンクを引っ張る正捕手です。

甲斐 拓也のプロフィールは?

出身地 大分県大分市
生年月日 1992年11月5日(25歳)
身長  170 cm
体重  75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト6位
初出場 2014年6月7日

楊志館高校時代の甲斐拓也

 

 高校通算40本塁打甲斐拓也ですが、その40本のうち3年生の時に春から夏に25本量産しています。

 甲斐拓也さん率いる楊志館高校の甲子園出場が期待されましたが、初戦の別府羽室台高校に敗れ高校野球生活に終止符府を打っています。

しかし、2010年10月にプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成6位指名を受けて、同年12月に入団を決意しています。千賀と同じ育成です。

育成選手の甲斐 拓也

千賀が育成出身でありますが、甲斐もまた同じ年の育成ドラフト会議で指名された選手です。 育成制度が導入されて今季が13年目。

 2017年9月現在は91試合に出場しホームラン5本、ヒット45本、打率.238福岡ソフトバンクホークスの正捕手として活躍になっています。

甲斐キャノンとは

甲斐 拓也選手の強肩をさします。

「KAI CANNON」は、本拠地・ヤフオクドームで、捕手の甲斐が相手の盗塁を刺すと、センター後方のオーロラビジョンに、キャッチャーマスクをかぶった甲斐の姿とともに、この文字が躍るようになったのは20184月からできました。

スクリーン5面で構成される巨大な映像は、縦は最大10メートル、横は計185メートル。まさしく“大砲”にふさわしい迫力だ。球団はこれまで、投手が三振を奪ったときや、リリーフ投手の登場時、攻撃でのチャンス時などに演出用の映像や画面を設定することはあったが、甲斐の「肩」のように「個人のプレー」に特化した演出を行うのは初めてのケースだという。

抜粋:https://dot.asahi.com/dot/2018051400009.html

甲斐バズーカとは

甲斐拓也選手の送球は、レーザービームとも言われています。

確かに、他のキャッチャーの送球の場合は少しであっても山なりになるものなんですが、甲斐拓也選手の投げる球は糸を引くように直線的です。

まとめ

育成の選手の育て方が本当にソフトバンクはうまいですね。お金の使い方がよいのでしょうね。