【ロッテ】井口資仁監督の評価2018は?現役時代の通算成績も!

こんにちは、ヨシラバーです。

ロッテの井口いきなり監督なることに関し、高橋由伸の例もあったりして、背負ってもらうのはどうかとのこえがあったのも事実です。

?それで成功するのはほんとに特殊なだけなのですが、2018年の成績はどうなのでしょうか。

井口 資仁のプロフィールは?

出身地 東京都西東京市(旧田無市)
生年月日 1974年12月4日(43歳)
身長 178cm
体重 91kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手、遊撃手、一塁手
プロ入り 1996年 ドラフト1位

井口 資仁のプロ通算成績は?

1915試合 .270(6512-1760)
251本塁打 1017打点 176盗塁 41犠打

ダイエー(1997-2004)
ロッテ(2009-2017)

井口 資仁監督は2018年にロッテ監督に就任

2017年10月12日、2018年シーズンからロッテの一軍監督を務めることが球団から発表、メジャーリーグ経験の日本人選手はコーチや二軍監督もあるが一軍監督になるのは初めてとなります。

 井口は球団のオフィシャルサイトで「これから始まる新たな挑戦に今はとてもワクワクしています。マリーンズというチームの良さをどのように出せばいいか。どう変えていくべきか。もうすでに色々な事が頭の中を駆け巡っています。強く、そしてファンの皆様に愛される魅力的なチームを作り上げたいと考えていますので応援の程、宜しくお願いします。」とコメント

 同14日に就任会見が行われ、監督としての背番号は現役時代と同じ「6」を使用することとなりました。

井口 資仁監督の評価は?

最下位・東北楽天とは2.5ゲーム差と不甲斐ない成績となっています。

球団幹部は「もちろん来年もやってもらいます。100盗塁など足を使った攻撃をはじめ、井口監督がやろうとしていることは実現し、目指すチームに近づいている」

と話しています。

ただ、今年度のロッテの成績としては納得できる物では無いかも知れないけどシーズンを通して鈴木大地以外にもほぼ全試合に出場した選手が出てきた事はプラスに考えるべきだと思う。

 中村や井上、藤岡、平沢など途中交代無しで結果を出す事の難しさ、井口監督が選手時代に王監督が起用した育成方によく似ています。

井口 資仁監督は3年や5年と長期契約であった

球団社長は、下記のようにコメントしています。

「就任時に3年、5年と長いスパンで常勝軍団にしてくださいとお願いしている」

まとめ

今年は井口監督にとって経験を積む年 今年の最終結果がどうであれ来年につながればと思います。