【元巨人】高橋尚成の現在は?現役時代の成績と過激なパフォーマンス

巨人10年でMLB4年で横浜2年でのプロ生活を経て引退をした高橋尚成の話題です。

まさかのメジャー挑戦で、横浜に移籍しました。

ただ、現在は少年野球やジャイアンツ関連の仕事にかかわっているようですね。

高橋尚成のプロフィールは?

出身地 東京都墨田区
生年月日 1975年4月2日(43歳)
身長177 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト1位(逆指名)

高橋尚成の巨人での成績は?

’00  9勝 6敗 0S防3.18 
’01  9勝 9敗 0S防3.94 
’02 10勝 4敗 0S防3.09 
’03  4勝 4敗 0S防3.84 
’04  5勝10敗 0S防5.44 
’05  8勝12敗 0S防4.47 
’06  2勝 6敗15S防4.94 
’07 14勝 4敗 0S防2.75 
’08  8勝 5敗 0S防4.13 
’09 10勝 6敗 0S防2.94

高橋尚成といえば若手時代には酔うと羽目を外したパフォーマンス

巨人時代の2000年の優勝時の祝勝会では床にうつ伏せで寝転んで、尻を露出しはしゃいだことが生中継された。

 この行為により、当時の監督である長嶋茂雄からは「宴会部長」に指名された。同年オフの納会においては監督の長嶋の目の前で「闘魂こめて」にあわせて箸をタクトのように振るいました。

また、2002年の祝勝会においてもヒョウ柄のTバックを着用して尻を露出しまましたが、さらに鼻血を出すに及んだことが中継された。当時の監督の原辰徳からは「自覚を持て」と言われてしまいました。

高橋尚成のMLBの通算成績は?

168登板 14勝 12敗 10セーブ 243.1回 221奪三振 防3.99

高橋尚成の横浜ベイスタースでの成績は?

横浜での成績は0勝7敗、防御率5.76でした。

高橋尚成の現在は?

ホリプロとの間で専属マネジメント契約を締結します。

 2016年からは、スポーツ報知の野球評論家や、NHK-BSのメジャーリーグ中継及びTBSラジオ(2017年まで)・日本テレビ・BS日テレ・日テレジータス・BS-TBS・TBSチャンネル・CBCラジオ副音声の野球解説者として活動しています。

2018年からラジオ日本野球解説者も兼務。また2018年4月1日から放送中のテレビアニメ『グラゼニ』で解説者役として出演しています。

また、U15侍監督コーチに就任しています。

高橋由伸・高橋尚成・二岡の雑談

この3名の雑談は2000年代前半のジャイアンツをする巨人ファンにとっては歓喜ですよね。

まとめ

右のエースが上原であり、左のエースが高橋尚成といわれていましたよね。田口も左のエースとして期待したいですね。