【広島カープ】バティスタの成績は?守備はレフトでカバー

こんにちは、ヨシラバーです。

野間がけがをしてしまい、レフトが誰が守るんだと心配していた広島ファンも多かったのではないでしょうか。

ただ、そんなことは心配ありませんでした。バティスタが満塁ホームランをうつなど大活躍で、優勝へもうまもなくでないでしょうかね、

バティスタのプロフィールは?

出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州
生年月日 1992年1月18日(26歳)
身長
体重 189 cm
107 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手、外野手
プロ入り 2016年
初出場 NPB / 2017年6月3日

2016年

広島球団との間で、育成選手としての契約を正式に結びました。契約当初の背番号は145です。レギュラーシーズン中は、水本勝己二軍監督の下で日本人選手と同じ内容の練習を積みながら、ウエスタン・リーグ公式戦では、68試合の出場で、打率.243、6本塁打、19打点という成績を残しています。

2017年 支配下登録

ウエスタン・リーグの開幕戦から5月下旬までに、39試合の出場で打率.363、14本塁打、38打点(いずれもリーグ1位)をマークしており、育成登録。最終的には公式戦で21本塁打を放った末に、本塁打王のタイトルを陽川尚将(阪神タイガース)と分け合ったています。

一軍での成績は、125打数32安打ホームラン11本を残しています。

広島球団と6年間の支配下選手契約を結んでおります。

バティスタの目標はバレンティン

目標はヤクルトスワローズのバレンティンだそうです。広島にバレンティンがいただけで恐ろしい打線ですよね。

「こういうチャンスを与えてもらって、うれしい。自分の武器は打撃。パワーがあるところ。100%努力をして、このチャンスをうまくつかみたい。目標?バレンティン(ヤクルト)のような選手になりたいし、日本でナンバーワンになりたい」

バティスタの守備位置は

ウエスタン・リーグでは主に一塁手として起用されているが、一軍では新井貴浩やブラッド・エルドレッドが主に一塁を守っていることなどから、殆ど外野手として起用されています。

左翼のレギュラーだった野間が故障し代わりに大活躍

2017年度のホームランをすでに超える!ホームラン王狙いか

球宴までの前半戦で13発。昨季11本だった自己最多を早くも更新し、16本です。

バティスタは、下記のようにコメントにしていますが、ホームラン王狙いかなのでしょうか。

「あと20本はホームランを打ちたい。去年より打撃はいい感じ。もっと試合に出る必要がある」

バティスタ発の満塁ホームラン

7月27日の広島-DeNAで1点リードの三回、1死から丸が敵失、鈴木、安部の連打で満塁となり、ウィーランドの150キロ直球を右翼ポール際へグランドスラムです。

まとめ

広島の魅力は選手層の厚さ、今年は外野陣の丸、鈴木誠也、野間が怪我してもバティスタが大活躍。2位以下を引き離し圧倒的な成績を残しています。

2018年度は広島の優勝で間違いないでしょうね。