【日大三高】日置航と日置電機や清宮幸太郎の関係?父親も甲子園!

こんにちは、ヨシラバーです。

日大三のキャプテンは、長野県上田市出身の日置航です。

地元では有名な、日置電機との関係や清宮幸太郎との関係を追ってみたいと思います。

プリンスで、野球をやるために生まれてきた男ですね。

日置 航のプロフィールは?

名前:日置 航(ひおき わたる)
出身地:長野県上田市
生年月日:2000年6月16日
身長:176cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:遊撃手
経歴:上田市立第二中学校→日本大学第三高校

小学校や中学校時代は?

小学3年生の時に、「上田南リトル」で野球を始めた日置選手ですが、2年連続で日本選手権に出場しました。

中学では「上田南シニア」でプレイします。
中学3年時には、投手兼遊撃手、そして主将として、日本選手権など全国3大会に出場し、チーム初ベスト8に導いています。

中学時代から打撃に優れ、中学3年時の通算打率は5割越えだそうですね。

なぜ日置 航は早稲田実業ではなく日大三高へ?清宮幸太郎選手が影響

日大三高を選んだ理由は、1学年上の清宮幸太郎が影響しているとのことです。

 リトル時代の日本選手権で、清宮選手率いる東京北砂と対戦し、敗れて、また清宮幸太郎の打球の飛距離と迫力に圧倒されたそうです。

日置 航はプリンス!東証一部日置電機の親族が創立した企業

 地元の長野県上田市に本社がある、東証1部上場で創業80年を超える日置電機は、親族が創立した企業だ。祖父の恒明さんは社長も務めた。小中学生時代、所属していた上田南リトル・シニアでは、ナイター照明設備を完備した同社のグラウンドや、2つの室内練習場などを使用し、恵まれた環境で腕を磨いたそうです。

日置 航の父親も甲子園に出場

日置航のお父さんもかつては高校球児で甲子園に出場した過去があり、親子二代での甲子園出場を果たした形になります。

87年夏の甲子園に上田高校の(長野)の「4番・一塁」でした。

お父さんは上田高校を卒業したあとは明治大学に進学しています。

野球を続け、投手&内野手としてリーグ戦優勝を経験しています。

明治大学を卒業後は家業を継ぎますが、地元の上田千曲高校から外部コーチとして呼ばれて野球部監督に就任します。

弱小校だったところを県大会ベスト4入りまで育てた名監督として知られています。

日置 航も子供のころから野球でいろいろと経験を積んでいたのでしょうね。

まとめ

清宮幸太郎を意識して日大3高を甲子園優勝に導き、プロでも名勝負をみてみたいところです。