【阪神】メッセンジャーは怪我で抹消?復帰はいつになる?

こんにちは、ヨシラバーです。

阪神の絶対的エースであるメッセンジャーが登録抹消となりました。

他に頼るピッチャーも少なくCSに出場できるのでしょうか。

メッセンジャーのプロフィールは?

国籍  アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州リノ
生年月日 1981年8月13日(37歳)
身長
体重 198 cm
121 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト11巡目(全体326位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 MLB / 2005年7月22日
NPB / 2010年3月26日
年俸 3億5,000万円(2018年)

阪神メッセンジャーの2018年の活躍は?

3月30日の対巨人戦(東京ドーム)に、4年連続の開幕投手として先発し、「一軍公式戦開幕戦への4年連続登板」というNPBの歴代外国人投手最長記録を達成するとともに、7回1失点の好投でシーズン初勝利を挙げたことによって、開幕戦での通算勝利数が歴代外国人投手で最多の3勝に到達ています。

次に先発した4月5日の対DeNA戦(横浜)で、阪神の外国人投手としては1965年のバッキー以来2人目の開幕2連勝を記録します。

 3・4月には、4勝1敗、防御率1.82という好成績を残した末に、セ・リーグ投手部門3・4月度の月間MVPを受賞した。通算3回目の受賞で、阪神の外国人選手としては歴代最多にもなります。

7月22日の対横浜DeNA戦(横浜スタジアム)では、7回2失点の好投でシーズン10勝に到達し、NPBの外国人選手として歴代単独最多の通算7度目のシーズン2桁勝利達成となりました。

そんなメッセンジャーが後半戦の調子がよくありません。

阪神メッセンジャーが登録抹消

 阪神エースのランディ・メッセンジャーが今日12日に出場選手登録を抹消されることが11日、分かった。7連戦の初戦を託されて中日戦(甲子園)に先発したが、不安定な投球で4回途中に危険球退場となりましhた。

 今季11勝をマークも、ここ8試合で1度しか勝てていませんでした。

阪神メッセンジャーは日米通算100勝目前!2018年はチームトップの成績

日米通算100勝にあと1勝とリーチをかける中、首脳陣も苦渋の決断で2軍での再調整を命じた。2018年の成績は、今季25試合に先発して11勝(7敗)はチームトップであります。

2018年4月16日、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件をしています。

ただ、メッセンジャーは「よそに行くつもりはサラサラない」と残留を早々と宣言しています。

メッセンジャーの登録抹消の意図は?

肩や肘の疲労も蓄積しているとみられ、リフレッシュの意図があるようです。クライマックスシリーズ進出をかけて、最終盤まで競い合う展開が予想される。万全な状態に整えるためにも、復調を図るべく、首脳陣は2軍での再調整を選択したとみられます。

まとめ

阪神の鉄腕といわれつつも、人間です。メッセンジャーに阪神はたよりにしすぎてしまったのでししょう。CSに出場できるか、わかりませんが、痛い登録抹消ですね。